吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「洋麺屋 五右衛門」吉祥寺サンロード店のハーフ&ハーフで定番スパゲティーを堪能

2018.04.02

999 Views

吉祥寺ランチ」で「カプリチョーザ」や「ラパウザ」がありなら「洋麺屋 五右衛門」もありでしょう、ということで出かけてきました。

スポンサーリンク

「サンロード」にある雑居ビル地下 1階

お店は吉祥寺駅から「サンロード」を進んで「元町通り」を越えて少しした左手にある 1階が「OSドラッグ」のビル地下 1階。

2階は「焼肉洞(ヤキニクドウ)」が入っている雑居ビルです。

武蔵野市吉祥寺本町1-9-9 第19東ビル B1
●11:30-22:00

選べるスパゲッティーの種類は豊富

かなり豊富なメニューです。「五右衛門」というから「和風スパゲッティー」のイメージが強いですが、洋風スパゲッティーもひと通り揃っています。

「春のおすすめ」も加えると 20種類もあって悩みます。

 

こうなると 1種類だけだと寂しいので「ハーフ&ハーフ」にしてみます。「C」の定番ロングセラーをチョイス。

それなりの値段(税抜 1,350円)ですが、いっちゃいましょう。

 

ランチ限定 お得なセットということで「和風サラダ(50円)」も追加。

ドリンクはなくてもいいかな。

個々のスパゲッティーはかなりおいしい

まずはスパゲティーについてくるスープと追加した和風サラダが登場。

 

シャキッとした大根が嬉しいです。50円なら十分でしょう。

 

あれ、両方のスパゲッティーを一緒に撮影したつもりでしたが全体写真が見つかりませんね…。では、個別で。

 

こちらが「カマンベールチーズとカリカリベーコンのカルボナーラ」。

 

期待通りのカルボナーラでした。麺もしっかりしているけど硬すぎず、クリームソースとチーズがいい感じで絡みます。

カリカリというほどではないですがベーコンも、ちゃんとおいしいです。

 

そして「海老とアボカドのジェノペーゼ」。麺も少し緑がかってバジルの香りと色で、いい感じに仕上がっています。

海老とアボガドもバジルソースとよく合います。

 

期待以上にしっかりしたスパゲッティーで楽しめました。値段は安くありませんが、おいしいスパゲッティーを食べたいときの選択肢になります。

おいしかったです。ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場