吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

紅茶専門店「Gclef (ジークレフ)」で「ミルフィーユのワッフルプレート」をポットサービスの紅茶と堪能

2019.03.12

716 Views

吉祥寺ランチ」でいつか訪れたいと思いつつ、女性客が多そうなので先延ばしにしていた紅茶専門店「Gclef(ジークレフ)」についに行ってきました。

スポンサーリンク

「吉祥寺第一ホテル」の裏「西一条通り」沿い

お店は東急百貨店の北側「大正通り」に入って右手 2ブロック目の「葡萄屋」手前を通る「西一条通り」に入って少し行くと左手にあります。

「吉祥寺第一ホテル」の裏通りで「オーケストラ」の向かい。向かって右にある 5段の階段を上がると左手に真っ赤な扉があります。

武蔵野市吉祥寺本町2-8-4
●11:00-22:00(火・水曜日休)

「ミルフィーユのワッフルプレート」を紅茶と共に

予想通り、テーブル席は女性グループ客で満席。カウンター席が空いていたので無事に着席。カップから装飾品までいかにもの雰囲気。

 

2種類のプレート料理が食事セットで紹介されていたので「ミルフィーユのワッフルプレート」をチョイス。

「ビーフシチューのプレート」も美味しそうではあります。

紅茶はカバーをかぶせたポットにたっぷり

まずは紅茶が登場。最初は淹れてもらいました。淹れたあとポットにカバーをかぶせるのですね。

 

「おすすめの紅茶」となっていたので「アッサム 2nd フラッシュ メレン農園 OR-1196 FTGFOP1 CI」を頼んでみました。

日頃、コーヒーばかりなので紅茶はさっぱり分かりませんが、香り、かすかな苦味と甘い余韻など、これはこれで奥が深いのでしょう。

 

一杯目を飲んでからカバーを外して、ポットから淹れてみました。カバーのおかげか熱々で、3杯ほどはおかわりできそう。

お店の雰囲気もいいし、これはかなり長居してしまいそうです。

ワッフルとミルフィーユ、紅茶との相性がとてもいい

そして「ミルフィーユのワッフルプレート」も揃いました。

 

なかなかの充実度ではないでしょうか?

 

「キャベツと鶏ひき肉のミルフィーユ」はフワッとした食べごたえにクリーミーなスープが染み込んで味わい深いです。

 

そしてワッフルは思った以上に軽くサクフワに焼き上がっており、スープとの相性もバッチリ。

 

サラダ、小鉢もきちんとおいしいです。

なるほど女性客に人気抜群なのが分かりました。紅茶も最後まで冷めずにおいしかったです。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場