吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「名代 富士そば 吉祥寺店」の「かつ丼セット」に付く「もりそば」でチェーン店の実力をチェック

2018.11.19

392 Views

吉祥寺ランチ」で老舗の「そば屋」さんも巡りましたが、どれくらい味に違いがあるのか気になるので「名代 富士そば」でも食べてみることにしました。

スポンサーリンク

駅北口すぐの「名代 富士そば 吉祥寺店」

吉祥寺に「富士そば」は二店舗あって、今回は駅北口を出て左に「平和通り」を進んですぐ右手にある「吉祥寺店」を利用しました。

ハモニカ横丁の一角で、向かって右には「ポヨ」があります。

武蔵野市吉祥寺本町1-1-2
●24時間営業

もう一店舗は駅南口を出て「丸井」に渡る手前にある「吉祥寺井ノ頭通り店」。

「もりそば」は 300円で「ざる」はなさそう

「富士そば」は渋谷で働いていた頃に数回、利用しましたが、「もりそば」は食べた記憶がありません。なんと単品で 300円と激安!

 

食券機も確認しましたが「ざる」はなさそうです。

 

さすがに「もり」だけのランチは寂しいので「かつ丼セット」で「もり」を選択。

「かつ丼」単品が 490円なので、セットで 70円お得なのかな。

フルサイズ「かつ丼」と「もりそば」でボリューム十分

待つこと 4分ほどで「かつ丼セット」が登場。ボリューム十分。

 

「かつ丼」もミニ丼ではなくフルサイズ。いかにもの味でした。

 

そして「もりそば」も、いままでのお店より量は多め。さすがに老舗と比べて「そば」の風味が足りない「気」もします。

それでも間違いなく「そば」ですし、普通においしくいただけました。

「富士そば」は小麦粉とそば粉が 6:4 は本当?

先日(11日)テレビで「富士そば」が取り上げられていました。

その中で

富士そばで使うそばは 小麦粉とそば粉が 6:4 の割合 で作られている

と紹介されていました。それが本当なら「ニハそば」が高いのは当然?

 

でも私の味覚では、そこまで「そばの比率が少ない」とは分かりませんでした。そんなレベルの人なら「富士そば」でも十分なのかも…。

 

あと一応、共用ポットで「そば湯」もありました。

客の出入りは激しくてせわしないですが、時間のない人にはピッタリ。

「ベジテリア」の野菜ジュースで補填

食後、あまりにも栄養が偏っていると感じたのでアトレの「ベジテリア」で「緑の健康バランス 30品目」を摂取。

 

M サイズ 400円で結局、今日のランチは 1,120円となりました。

バランス取れました。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場