自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

エルサルバドル産のコーヒー豆「エル・グアモ農園」をいただく(すずのすけの豆)

2021.04.26

645 Views

すずのすけの豆」でエルサルバドル産のコーヒー豆が入荷していたので購入してみました。

スポンサーリンク

エルサルバドル産のコーヒー豆は 8銘柄目

エルサルバドル産のコーヒー豆も 8銘柄目ですが「すずのすけの豆」でのエルサルバドル産は 4年ぶり。

情報は基本的なものしかなく、ストーリー性には欠けます。

「山脈:アパネカ – イラマテペック」とありますが、そういえば「エル・モリノ農園」も地域が「アパネカ イラマテペック」となっていました。

Googleマップで「イラマテペック」で検索しても見つからないのですが、どうやら「サンタアナ火山」と「イラマテペック火山」は同じようです。

「サンタアナ火山(ボルカン・デ・サンタ・アナ)」はここにあります。

「サンタアナ火山」の火口湖が「イラマテペク湖(Laguna Ilamatepec)」となっています。

アワチャパン県タクパ市は山脈よりだいぶ西

一方、アワチャパン県タクパ市で検索すると「サンタアナ火山」からはかなり離れています。

 

これは要するに「アパネカ – イラマテペック」は「山脈」のことで「アパネカ」はこのあたり。

ということで、この「山脈」周辺で採れるということなのでしょう。ちょっと広すぎる気もしますけど。

 

「エル・グアモ農園」で検索すると以下のページもありました。

ほぼ同じ説明文で「ブラックハニー」については

ハニー製法は、収穫したコーヒー果実の果肉を除去した後、コーヒー豆の周りについている粘液質(※ミューシレージ)を残した状態でゆっくり時間をかけて乾燥させます。『ブラックハニー』はそのミューシレージをほぼ全て残しています。

これまでのおさらいですね。

アワチャパン県タクパ市は山脈よりだいぶ西

では、挽いて淹れて飲んでみましょう。サイズは標準的。焙煎はやや深入り。

 

蒸らしの膨らみは充分。香りは芳醇。

 

苦味、酸味がほどよく、余韻の中に感じる甘味もいい感じ。

しっかりとおいしい一杯です。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク