自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

コーヒー発祥の地とされる「エチオピア カッファ」のコーヒー豆を味わう(カルディ コーヒーの旅)

2019.02.03

3765 Views

カルディ」のコーヒー豆売り場で「コーヒーの旅」シリーズとしてエチオピア産「カッファ」を推していたので買ってきました。

スポンサーリンク

「カッファ」は飲んでいると思ったけど

エチオピアの「カッファ」といえば、コーヒーの語源にもなったという場所なので、すでに飲んだことがある気と思い込んでいました。

「コーヒーの旅は、このカッファから始まった」 エチオピア南西部カッファ地方。首都から遠く離れた原生林の奥にこの地「コーヒー発祥の地」はあります。

今なお数多くの元首が残された古い森の中で、コーヒーは今年も新しく赤い実をつけ、人々の手で丁寧に収穫されました。

でも、エチオピア産は 5銘柄目になりますが「カッファ」は初めてでした。

となると買わないわけにはいかないでしょう。

200g で842円(税込)と「コーヒー発祥の地」の豆にしてはリーズナブル。

カッファ地方はエチオピア南西部

『エチオピア南西部カッファ地方』とありましたが「ethiopia kaffa」で検索すると「Kafa Biosphere Reserve」が見つかりました。

「南西部」なので、ここでいいのでしょう。サイトもありました。

かなりの山奥で野生動物も多そう。あまり行きたいとは思わないかも…。

「カッファ」は飲んでいると思ったけど

サイズは小粒。ピーベリーも多く含まれ、収穫にばらつきが多い印象。

値段が安いのはそういったところも関係ありそう。

 

カルディでは焙煎日が分からないのですが、この膨らみだと 1週間以上は経っている様子。

 

華やかな酸味のあとに甘味が広がり、おいしい一杯に仕上がっています。

「コーヒー発祥の地」に思いを馳せながら飲めてこの値段なら、十分にお買い得かも。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク