吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店」で「ベジポタ」スープの「肉入りつけ麺(極太胚芽麺)」をいただく

2019.05.10

847 Views

吉祥寺ランチ」のラーメン特集は「春木屋」「青葉」「ぶぶか」「ホープ軒本舗」「麺屋 海神」「めん家 福みみ堂」の次に「つけ麺 えん寺」をチョイス。

スポンサーリンク

吉祥寺駅南口を降りて右手すぐのビル 1階奥

吉祥寺駅南口を出てすぐ右に折れると右手に「マクドナルド」が入店している南陽ビルがあり、同じ 1階の奥にお店はあります。

「マクドナルド」の入口向かって右の通路を進むと左が「えん寺」で右が「元祖寿司」です。

武蔵野市吉祥寺南町1-1-1 南陽ビル 1F
●11:00-16:00、17:30-22:00(土日祝は 11:00-22:00)

券売機で「麺の種類も選ぶ」ことが分かりにくい

店内に入ると右手に食券の券売機がありますが、文字が小さく、写真も違いが区別が難しく、ぱっと見ただけではサッパリ分かりません。

どうやら一番上の列がスタンダードな「つけ麺」はトッピングにより 4種類。

  • ベジポタつけ麺 800円
  • ベジポタ味玉入りつけ麺 900円
  • ベジポタ肉入りつけ麺 1,000円
  • ベジポタ味玉入・肉入りつけ麺 1,100円

2列めは「辛つけ麺」で 50円増し。今回は「ベジポタ肉入りつけ麺」を選択。

 

そして問題の 3列目は麺の種類。

  • 極太胚芽麺(当店の代表麺)
  • 極太モチモチ麺
  • 国産小麦太麺
  • 平打ち麺(xが付いて選べない)

要するに「つけ麺」を選ぶだけではなく「麺の種類」も選ばないといけないようですが、私には理解できず、麺の種類は選ばずじまい。

食券を店員さんに渡したとき、口頭で麺の種類を聞かれ「極太胚芽麺」をチョイス。

 

そのあと券売機を見ると大きく「麺のボタンを押してください」と紙が貼ってあるのに気が付きました。

右にも説明矢印が貼っていますが、怪しげな英語で輪をかけて分かりにくいです。

麺もスープもおいしく人気の理由が分かりました

店内で入口そばの長椅子に座って待つこと 5分。やっと空いたカウンター席に案内され、カウンター前の解説文を読みながらさらに 10分待ち。

スープや麺の解説と「つけ麺の食べ方」が書かれています。

そして10分後、ついに「ベジポタ肉入りつけ麺(極太胚芽麺)」が登場!

 

これが「元祖ベジポタ豚骨魚介スープ」のようです。

 

なるほどトロっと濃厚。でも「めん家 福みみ堂」より滑らかですすりやすい。

確かに魚介、豚骨、ベジポタなど様々なエキスが溶け込んでいるのが分かります。

 

麺はもっちりしながら歯ごたえもある太麺。なるほどおいしい。

 

スープにつけるとほどほどの絡み具合でスルッといただけます。

 

「肉入り」の肉はボリュームも脂身もしっかりあって食べごたえあり。

 

最後はポットに入った「割りスープ」で割って、最後までいただいちゃいました。

「食べログ」でも評価が高い理由がわかりました。しっかりおいしかったです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場