吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

コロンビア産で甘い香りと味わいのコーヒー豆「エルマンゴ」をいただく(UCCカフェメルカード)

2019.06.03

248 Views

自宅のコーヒー豆が少なくなったので吉祥寺の「UCCカフェメルカード」で「コロンビア エルマンゴ」を購入しました。

スポンサーリンク

いよいよコロンビア産も 9銘柄目

以前と同じ銘柄を買うことも増えましたが、今回は 9銘柄目のコロンビア産。

今回は「El Mango」ですが、「El Vergel」という銘柄もあり、そういえば「El」ってよく聞くと思って調べてみました。

 英語では冠詞は定冠詞「the」と不定冠詞「a」の二つしかないが、スペイン語では、定冠詞が四つ、不定冠詞も四つある。

地名の中のスペイン語冠詞

定冠詞の男性単数形が「エル(el)」で複数形が「ロス(los)」、女性単数形が「ラ(la)」で複数形が「ラス(las)」なのだとか。

なるほど「ロス・ノガレス農園」「ラ・クルバ農園」も定冠詞が付いているのですね。たぶん。

生産地域は「アンティオキア県」

「コロンビア エルマンゴ」で検索しても、あまり詳しい情報はありません。そこで「El Mango Coffee」で調べるとありました!

  • Farm: Finca El Mango
  • Varietal: 100% Castillo El Rosario
  • Processing: Fully washed & sun dried on patios
  • Altitude: 1,910 metres above sea level
  • Owner: Rafael Ángel Jaramillo Jaramillo
  • Town / City: Ciudad Bolivar
  • Region: Antioquia

Finca El Mango | Mercanta – The Coffee Hunters

農場に 2本の大きなマンゴーの木があったので「El Mango」なのだとか。

 

生産地域は「Antioquia(アンティオキア県)」。コロンビア北西部のアンデス地方の県で県都はメデジン。

そういえば「ラ・クルバ農園」も「アンティオキア県」でした。

 

さらに「シウダー・ボリバル(Ciudad Bolivar)」もありました。なるほどコーヒー豆が採れそうな高地です。

香りにも味にも「甘み」が感じられる

サイズはやや小粒で、少し浅めの焙煎。

 

蒸らしの膨らみは少ないですが、甘い香りが漂います。

 

苦味はなく、酸味も甘味を伴った感じでおいしくいただけます。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場