吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺の人気フレンチレストラン「éclat(エクラ)」に出かけてきました

2017.05.24

7767 Views

今回の「吉祥寺ランチ」は「食べログ」の「吉祥寺のフレンチ総合ランキング」で1位(2017年5月1日現在)のお店「éclat(エクラ)」を訪ねました。

スポンサーリンク

人通り少ない「井の頭通り」沿いのビル地下

お店は吉祥寺駅から三鷹方向に「井の頭通り」の右側を 4ブロックほど歩くと現れる建物「キューブビル」地下一階にあります。

お洒落なデザインの看板とメニューの立て看板が目印です。

ヴィレッジヴァンガード ダイナー吉祥寺」と「YOSHIDA GOHAN」の中間。

武蔵野市吉祥寺本町2-24-1 キューブB1
●11:30-14:30、17:30-23:00 月曜日、第2・第4火曜日定休

とりあえず「ランチAコース」をオーダー

階段手前にメニューが置かれており、ランチコースには A(2,500円)、B(3,800円)、シェフお任せ(8,000円)があるようです。

ここはひとつ「Aコース」ということで…。税込で 2,700円。

 

階段を降りると左手に入口があります。

 

入口を開けると店内は女性客で賑わっており、テーブル席はいっぱい。なんとかカウンター席に座れました。

真ん中のものはメニューかと思ったらプレートでした。

どの料理もプレートがオシャレ

最初はスープ。なるほど、プレートは「鍋敷き」なのですね。

 

ミルクとバターのクリーミーで温かいスープにセロリ、ニンジン、タマネギ、青菜と温野菜がしっかり。

食べ終わるとプレートふごと下げられました。

 

添えられたパン。どういやってオリーブオイルを付けるのか、少し考えてしまいました。

どうやら手前にあるガラスの器でつけるようです。

 

次は前菜。今度は白いプレートに盛られた貝の身と野菜。盛り方が絵のようです。

 

大きな貝殻の上にホッキ、ホタテなどの身が並び、それを覆うように水菜、サヤエンドウ、カブ、菊の花(?)などが爽やかです。

 

緑色はわさびではなく、エンドウ豆か何かをすりつぶしたものに思えます。

帆立貝の身にはあぶりが入っており、弾力もあって美味。

メイン肉料理はカモ肉のロースト

そしてメインが登場。赤身のきれいなカモ肉のロースト。

料理ごとにプレートが変わるのがオシャレ。

 

お肉は柔らかいけど弾力性もあり、タップリとソースを付けていただきました。小松菜、椎茸、タケノコの添え物もいい感じ。

食べ応えもあり、大人の男性でも満足できるボリューム。

 

最後はデザートとコーヒー。いずれも器がカワイイ。

 

イチゴのシャーベットにイチゴ、ホイップクリーム、そしてシロップ漬けした果物。なんでしょうね、これ?

しっかりした甘さですが、コーヒーと一緒においしくいただきました。

 

店の雰囲気といい、料理の完成度といい、人気に納得。ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場