吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「ドゥエイタリアン(Due Italian)吉祥寺 東急裏店」で「らぁ麺 “生ハム” フロマージュ」をいただく

2019.09.06

743 Views

吉祥寺ランチ」のラーメン特集も大詰め。異色(?)の「Due Italian(ドゥエ イタリアン)」でユニークな「塩らぁ麺」をいただいてきました。

スポンサーリンク

以前はピザ屋「VEGE PIZZA」があった場所

お店は吉祥寺駅北口を左に「平和通り」から「中道通り」に進み、中華料理「一圓」の次で右に折れる道(カントリーロード)の奥右手にあります。

まめ蔵」や「カレルチャペック紅茶店」と同じ通り。人通りは少なめで、以前、この場所に出店していたピザのお店は集客に苦戦していた感がありました。

なのでやはり「いかに常連さんを確保できるか」が勝負でしょう。

武蔵野市吉祥寺本町2-17-6
●平日 11:00-15:00(土日祝 11:00-21:00)

意外にも券売機システムで先に食券を購入

オシャレな店づくりにしては意外にも券売機システム。「吉祥寺店限定」という「冷やし生ハムフロマージュ」も気になるところ。

 

「塩らぁ麺(880円)」でもよかったのですが、ここはやはり変わり種の「らぁ麺 生ハムフロマージュ」を選択。

1,280円と、なかなかの値段ですが、せっかくなので…。

見た目もきれいな「らぁ麺 生ハムフロマージュ」

約 8分ほどで「らぁ麺 生ハムフロマージュ」が登場!とってもユニーク。

 

スープは基本的に塩ですが、透明感があって鶏ベースと思われる油も旨みを引き立てます。

 

麺は細く、ほぼほぼストレート。少しパスタっぽいかも。

 

そしてトロッとしたフロマージュ(チーズ)に絡めると一気にイタリアンなテイストに!

スープも絡むので重たくなくいただけます。

 

生ハムは少し塩分が強いですが、麺やスープと一緒に食べるとほどよくなります。

なるほどイタリアンだね!

最後はスープに「美人玄米」を加えてリゾットに!

さらに麺を食べ終わったら美人玄米も付くそうです。

 

そして残ったスープにいれてリゾットに!

 

玄米の食感がちょうどよく、結局、こうなるよね。

トータルで、すごくおいしかったです。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場