吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺南口すぐの「洞くつ家」で「ほうれん草多め」「細切りネギ」「味付玉子」付きラーメンを堪能

2019.05.14

367 Views

吉祥寺ランチ」のラーメン特集で「春木屋」「青葉」「ぶぶか」「ホープ軒本舗」「麺屋海神」「福みみ堂」「えん寺」の次は「洞くつ家」です。

スポンサーリンク

店の上にある看板のマークとロゴがもったいない

お店は吉祥寺南口を出て左に進んで「ヤマダ電気LABI」前の信号を渡り、「末広通り」に入って右手の雑居ビル 1階中央奥にあります。

店上の看板で「Dokutsuya」の文字が読みにくく、マークも意味不明。日本語で素直に「洞くつ家」と書けばいいのに、と感じるのは私だけ?

武蔵野市吉祥寺南町2-2-4
●11:00-26:30(月曜休:祝日の場合は翌火曜)

ランチタイムサービスの「キャベチャー」って何?

店に入ると券売機。基本はラーメンで、あとは量やチャーシューなどのトッピングを選択する、といった感じ。

「ラーメン(700円)」だけでは野菜不足は確実なので「ほうれん草多め(+50円)」「細切りネギ(100円)」を追加。

 

券売機の下に「ランチライムサービス」とあり、平日 11:00-18:00 までラーメン一杯につき一品を選べるようです。

「ライス」「味玉」は分かるけど「キャベチャー」って何?キャベツとチャーシュー?あるいはキャベツチャーハン?

 

券売機の周辺を見渡しても「キャベチャー」の説明や写真などはなく、そもそも「味玉」を付ける予定だったので黄色い札を取りました。

あとから「食べログ」のレビューを読むと

キャベチャーはキャベツと細シャーシューを混ぜ合わせたもので、トッピングしても箸休めにいただいてもいいです。

『【ラーメン 洞くつ家】ラーメン、キャベチャーを食べろ!!』by 値段と量は、第六の味覚 : 洞くつ家 (どうくつや) – 吉祥寺/ラーメン [食べログ]

なるほど。それなら「キャベチャー」でもよかったかも。

奇をてらわないラーメンなので結構、好きかも

食券を出したら、濃さなどどうしますかと聞いてきたので張り紙を見ました。

なにが「ふつう」か食べてみないと分からないので、全部ふつうをオーダー。

 

5分で普通の「ラーメン」+ほうれん草多め+細切りネギ+味付玉子が登場。

これくらい野菜があるといいですね!

 

スープは豚骨醤油。ここ数軒は濃い「つけ麺」店が続いたので、あっさり感じます。

なるほど「味濃め」「油多め」を選ぶ理由がわかりました。

 

麺はストレートで細め。確かに硬さは「ふつう」。

 

味玉を割ってみました。いい感じの半熟。

 

辛味噌や胡麻を加えて味変も楽しめました。

 

いかん、スープを全部飲んでしまった…。

個人の好みでは、いままでの 8軒の中で、ここが一番、好きかも。おいしかったです。ごちそうさま。

 

余計なお世話ですが、丼にはコウモリの「洞くつ家」キャラクターらしきものがプリントされており、これを入口上の看板にも付ければいいのにと思います。

洞くつ入口を塞ぐ「柵」をイメージ?記憶に残らず、かわいくもないです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場