吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ボリビア産のコーヒー豆「コパカバーナ農園」を味わう(CAPITAL COFFEE)

2018.10.25

224 Views

「加藤珈琲」で買った 5銘柄の COE 受賞コーヒー豆の在庫が一気に底をついたので慌てて新しい銘柄を「CAPITAL COFFEE」で購入してきました。

スポンサーリンク

ボリビア産のコーヒー豆は 2銘柄目

ボリビア産はなかなか珍しいですが、それでも以前も飲んだことがあります。

今回は「コパカバーナ農園」という銘柄ですが、曲のタイトルとしても有名なリゾート地「コパカバーナ」とは関係あるのでしょうか?

あの「コパカバーナ」はブラジルにあるのですね。というか、Wikipedia によるとボリビアの「コパカバーナ」にちなんだ名前のようです。

コパカバーナの名前は、ボリビアのコパカバーナの聖母を記念する教会が、19世紀に建設されたことに由来する。

 

さらに Googleマップで検索すると「コパカバナ」でありました。ボリビアとペルーの国境近く、チチカカ湖岸の町です。

コパカバーナ農園(Copacabana)

キャピタルコーヒーの売り場には「コパカバーナ農園」について以下の説明がありました。

ボリビアのユンガス地方カラマにある「コパカバーナ農園」は、標高約 3,800mにあるチチカカ湖から一望することができ、湖に沈む夕日が非常に美しいことで知られています。

 

さらに「コパカバーナ農園」で検索すると詳しいページがありました。

  • チチカカ湖畔の町、コパカバーナから北東へ300キロの地点にコパカバーナ農園があります。
  • 農園主マリアも敬虔なクリスチャンです。農園入口には、聖母マリア像が飾られています。
  • コパカバーナとは先住民族アイマラ族の言葉で「宝石の展望台、湖の眺め」を意味する“コタ・カウアーナ”が由来。

- フクモト珈琲 ボリビア(コパカバーナ農園)

まあ、チチカカ湖岸の町で収穫できるとは思えないので「北東へ300キロの地点」は妥当な距離かも。

ボリビアから届いたおいしいコーヒー

早速、飲んでみましょう。

 

豆のサイズは平均的。粒は揃っています。

 

蒸らしの膨らみは少ないですが、華やかな香りがします。

 

苦味は少なく、適度な酸味と甘味、コクがバランスよく味わえます。

ボリビア産ですが、ちゃんとおいしい一杯になっています。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場