自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

武蔵境「スキップ通り」の珈琲豆専門店「珈の香(コノカ)」で「コスタリカ ロスアンヘルス」を買ってみた

2020.12.19

940 Views

JR東日本ホテルメッツ 武蔵境」に泊まることもあり、武蔵境の商店街「スキップ通り」を歩いていると「珈の香」という珈琲豆販売店を見つけたので入ってみました。

スポンサーリンク

武蔵境「スキップ通り」奥に2020年4月オープン

場所は「JR武蔵境」の北口を出て商店街「スキップ通り」を歩いていくと交差点の手前右手にあります。

お店の方に聞くと 2020年4月にオープンしたとのこと。正直、知りませんでした。

武蔵野市境1-3-5

ブレンド、有名銘柄、スペシャリティと種類は豊富

店内にはブレンド、有名銘柄、スペシャリティと豊富な種類が並んでいました。

 

ブレンドは深煎りの「ロイヤル」、中煎りの「珈の香ブレンド」など。価格も良心的。

「スペシャリティ コーヒー」は焙煎士もスペシャル?

せっかくなので「スペシャリティ コーヒー」の「コスタリカ ロスアンヘレス」を購入。

 

「スペシャリティ コーヒー」は経歴豊かな焙煎士、浜崎寛和氏に焙煎されたものとのこと。

検索すると、こちらの方のようです。

いろんな方がいらっしゃるのですね。

コスタリカ産のコーヒー豆「ロスアンヘレス」

この「ロスアンヘレス」の産地はコスタリカの「タラス地区」とのこと。

確か以前に飲んだ「カンデリージャ」「パストーラ農場」なども「タラス」地区です。

Googleマップだとこの辺り。首都「サン・ホセ」にも近く、よさげな高地の感じがします。

検索すると「ロスアンヘレス」はコスタリカのマイクロミル(小さな精製所)の名前です。

カルデロン一家が営むロス・アンへレスマイクロミルはコスタリカの優良産地タラス地区にあり、
素晴らしいを安定的に作り出しているマイクロミルのひとつです。

- 工房 横井珈琲|札幌スペシャルティコーヒー|発寒本店/パセオ店

「マイクロミル」については、こちらが分かりやすいです。

コスタリカ国内にはマイクロミルが 200近くあるそうです。

なるほどスペシャリティのおいしさ

ガス抜きバルブ付きのしっかりした袋です。裏に「2021-05-25」とだけあり、賞味期限なのでしょう。焙煎後 6ケ月に設定と推測すると 11月25日に焙煎の可能性が高いです。

 

とても薫り高いです。豆がいいのか、焙煎がいいのか、なるほどスペシャリティ。

 

蒸らしの膨らみもしっかり。

 

ほどよく軽い酸味と、あとに残る甘味。冷めてもおいしいです。

「珈の香」とてもいい珈琲豆販売店ではないでしょうか。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク