吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「珈琲や 三鷹工房」でペルー産のコーヒー豆「オーガニック オルキデア」を焙煎してもらいました

2018.11.11

1164 Views

三鷹に行く用事があったので以前から気になっていた「珈琲や 三鷹工房」に立ち寄ってコーヒー豆「ペルー オーガニック オルキデア」を焙煎してもらいました。

スポンサーリンク

三鷹駅南口からすぐだけど少し右手

お店は三鷹駅南口の1階から出て右手に進んですぐです。

私は三鷹駅の北から「三鷹通り」の地下道をもぐって渡ったのでカフェスペースから入りましたが、会計後に向かって左に入口があるのを知りました。

三鷹市下連雀3-43-28 1F
10:00-19:00(土日祝 9:00-)火曜休

仕組みや銘柄は「東小金井工房」とほぼ同じ

仕組みは「東小金井工房」と同じく、コーヒー豆を選ぶと 15分ほどでお店で焙煎してくれます。

銘柄も「東小金井工房」とほぼ同じで、見覚えのある名前が並びます。

メニューを見ると「東小金井工房」よりわずかに少ないかも。

そのかわり、ちゃんと「三鷹特選ブレンド」はあります。

いつのまにかペルー産も 5銘柄目

そんな中、ペルー産の「オーガニック オルキデア」は飲んだ記憶がないので購入を決めました。

『日本人経営のアチャマル村珈琲農園』とありますが、Googleマップで「アチャマル」は見つかりませんでした。

 

そこで「ペルー オルキデア」で検索すると詳しい情報がありました。

あの「世界ナゼそこに?日本人:テレビ東京」でも紹介された高橋さんという方が経営しているようです。

 

そして「アチャマル村」の場所は『ペルー北部のアマゾナス州、ロドリゲス デ メンドウサ市のウアヤバンバ渓谷にある』とのことで「Rodríguez de Mendoza Province」がヒット。

「アマゾナス州」の北端なので、たぶんこのあたりなのでしょう。

 

ペルー産もこれで 5銘柄目。そういえば「東小金井工房」では「チャンチャマイヨ」を買いました。

焙煎中にサービス珈琲「カリビアンチェリー」でまったり。すごい飲みやすい。

銘柄のカードを添えており、楽しいアイデアです。

酸味、苦味が少なくてとても飲みやすい

なにはともあれ、飲んでみましょう。

 

焙煎はオススメの「City」。サイズは標準的で豊かな香り。

 

さすが焙煎したて。蒸らしの膨らみはしっかり。

 

味は酸味、苦味が少なくてとても飲みやすい一杯。

淡い甘みとコクも感じられ、おいしくいただけます。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場