吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺の手作りパイとキッシュのお店「BREAK TIME(ブレイク タイム)」でキッシュランチ

2016.04.26

8396 Views

「手作りパイとキッシュのお店」という看板に誘われて「BREAK TIME」で「吉祥寺ランチ」してきました。

スポンサーリンク

黄色い看板に赤い文字が目印

お店は吉祥寺駅北口から「サンロード」を進み、一番奥を左折して「五日市街道」沿いの左手にあります。黄色い看板が目印です。

2016-04-22 13.41.32

看板の色だけならカレー屋さんと勘違いしそうです。

武蔵野市吉祥寺本町1-11-20
●11:00-22:00(ランチ 16:30 まで) 火曜休

 

お店の内装は白くて清潔感があり、キッシュやパイのテイクアウトもできます。

2016-04-26 10.55.04

やはり女性客が圧倒的です。

なにはともあれ「キッシュランチ」

ランチメニューには「キッシュランチ」「パイケースランチ」があり、今回は「キッシュランチ(税込 980円)」を選択。

2016-04-22 13.42.58

スープ、サラダ、ドリンク付きです。

 

メニューによるとキッシュは

折パイで器をつくり、中にアパレイユ(キッシュ生地)を流し込んだ BREAK TIME オリジナル

だそうで、以下から選べます。

  • サーモンとモッツァレラチーズ
  • 季節のキッシュ
  • キノコとベーコン
  • シーフード
  • カマンベールとベーコン
  • ラタトゥイユ

当店人気 No.1 という「サーモンとモッツァレラチーズ」にしました。

サラダとキッシュがワンプレート

まずはスープ。2種類からコンソメをチョイス。澄んだスープが染み込みます。

2016-04-22 13.48.30

自宅の料理でも味噌汁ばかりでなく、こういうのもいいね、と再認識。

 

サラダとキッシュはワンプレートで登場。サラダは多めで嬉しいです。

2016-04-22 13.55.56

その分、キッシュは小さく見え、男性には小さいかな?と感じました。

中身はしっかり詰まっている

ナイフで切ってみると、周りはサクッとして中はトロッ、でもしっかり具が詰まっています。

2016-04-22 13.56.55

 

パイ生地は歯ごたえもよく、オーブンで温めたばかりで中までホカホカ。

2016-04-22 13.58.51

ほどよくサーモンとチーズが絡んでうまいです。中身がしっかり詰まっている分、小ぶりでも満足感はありました。女性にはちょうどいいでしょう。

 

ところで結局「キッシュ」って何?と検索しました。

キッシュ(仏: Quiche)は、卵とクリームを使って作るフランス、アルザス・ロレーヌ地方の郷土料理。

パイ生地・タルト生地で作った器の中に、卵、生クリーム、ひき肉やアスパラガスなど野菜を加えて熟成したグリュイエールチーズなどをたっぷりのせオーブンで焼き上げる。

なるほど。フランスの郷土料理なんですね。

 

おいしかったです。ごちそうさまでした。

再訪(2017/10/13)で「チキンのパイ包み焼きセット」

「吉祥寺パスポート vol.9」に「BREAK TIME」が載っていたので再訪しました。

 

この日はコーヒーを飲み過ぎており、プラス 100円でアルコールにできるというのでビールにしてもらいました。

 

ジャガイモのスープとグリーンサラダ。ちゃんとしています。

 

そして「チキンのパイ包み焼き」が登場。

 

パイ生地に包まれたチキンもも肉が柔らかく、上品な味のソースと絡めておいしいです。

お腹いっぱいになりました。ごちそうさま!

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場