吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

コロンビア産で 10銘柄目となるコーヒー豆「アルヘンティーナ」をいただく(UCCカフェメルカード)

2019.06.11

436 Views

先日は吉祥寺「UCCカフェメルカード」で「コロンビア エルマンゴ」を購入しましたが、おいしかったので隣の「コロンビア アルヘンティーナ」も買ってみました。

スポンサーリンク

ついにコロンビア産も 10銘柄目

今回でコロンビア産も 10銘柄目。ブラジル、グアテマラに続いて 3国目。

細かい味までは覚えていませんが、記事を読むと当時、調べたことが思い出されます。

 

さて今回の銘柄名は「Argentina」と書いて「アルヘンティーナ」です。

 

「コロンビア アルヘンティーナ」で検索すると、結構、ヒットするので、カタカナ読みとしても正しいのかもしれません。

コロンビア南部のウイラ県南部サン・アグスティン市アルヘンティーナという地域のコーヒーをはじめてご紹介いたします。

工房 横井珈琲|札幌スペシャルティコーヒー|発寒本店/パセオ店

ウイラ県サン・アグスティン市アルヘンティーナ

そんな「ウイラ県サン・アグスティン市」のコーヒー豆は以前も飲んでいます。

さらに細かく「Argentina」で Googleマップを検索すると「La Argentina(ラ・アルゼンチン)」がありました。

 

ちなみに国名の「アルゼンチン」の綴りは「República Argentina」。

『原語音に即したアルヘンティーナと表記されることもある』とあり、なるほどです。

やや小ぶりですが、しっかりおいしい

早速、淹れてみましょう。実際は写真ほど黒くなく中煎りです。サイズはやや小ぶりでピーベリーもそこそこ含まれています。

 

「UCCカフェメルカード」の豆としては珍しく(?)蒸らしの膨らみもそこそこあり、フローラルな甘い香りです。

 

苦味はなく、酸味のあと甘味が広がる感じは「エルマンゴ」にも似ています。

文句なく美味しい一杯といえるでしょう。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場