自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

ウガンダ産のコーヒー豆「アフリカンスノー」を山頂の雪を思い浮かべながらいただく(すずのすけの豆)

2020.03.05

379 Views

行きつけの「すずのすけの豆」に新豆が入荷していたので当然、購入。「アフリカンスノー」とは魅力的な名前です。

スポンサーリンク

ウガンダ産のコーヒー豆も 5 銘柄目

ウガンダ産のコーヒー豆なんて飲む機会もそうないと思っていたのですが、いつのまにか 5銘柄目。

すべて違うお店で購入というのも感慨深いです。

ウガンダ。生涯、行くことはなさそうだけど、コーヒーを飲んで想像することはできます。

「アフリカン・スノー」が積もる「ルウェンゾリ山」

さて魅力的な名前の「アフリカン・スノー」ですが、説明文によると

アフリカの数少ない冠雪山であり、世界自然遺産にも登録されている通称「月の山」ルウェンゾリ山。

という山があり、そこで採れたケニア由来の品質の良いアラビカ種とのこと。

「ルウウェンゾリ」を Googleマップで調べると「コンゴ」との国境に近いのですね。

「ルウェンゾリ山」があるわけではなく「6つの山塊」から成り立っているとのこと。

地図上に「カセッセ」がありますが、過去のウガンダ産で「ナチュラル グレートレイク」は確か「カセッセ地区」で採れた豆でしたね。

「アフリカン・スノー」はまったり飲みやすい

豆は中煎り。サイズも標準的。

 

蒸らしの膨らみもバッチリ。

 

味は苦味少なく、ほどよい酸味のあとにマッタリとした甘み。飲みやすくておいしいです。

「ルウェンゾリ山地」の山頂に残る雪を思い浮かべながら飲むのもオツですね。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク