吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』でコーヒー市場を俯瞰できた気にはなれる

2015.08.07

2680 Views

先週、読んだ『私はコーヒーで世界を変えることにした。』が面白かったので、コーヒー関連の本をまた買ってしまいました。

コーヒー業界を舞台に 10 の「物語」を通じて様々なビジネス戦略を紹介しよう、というのが狙いのようです。

スポンサーリンク

「コーヒー」を切り口にしたのはさすが

良く売れた「100円コーラ」シリーズの著者、永井 孝尚 さん が書いた本です。

このシリーズは個人的にコーラをまったく飲まないので、売れていても買ってまで読む気がしなかった記憶があります。

 

そういう意味では「コーヒー」という切り口で「次」のシリーズを書いたのは、さすがマーケティングに長けた著者なのだ、と感じます。

 

コーヒー市場は巨大な世界市場であり、いまなお成長&変化しており、コーヒー専業の企業はもちろん、コーヒーに関わるビジネスは多岐にわたります。

さらにコーヒー自体に歴史があり、世界中に愛飲者がおり、生産者がおり、大きな影響を与える商品なので、さまざまな切り口で語ることができるわけです。

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!(書籍の帯より)

  • セブン、マック:「100円」の目的は?
  • スターバックス:広告費を駆けないブランド・スパークス
  • ブルーボトル:「コーヒー界のアップル」
  • ドトール:価格競争の裏にある戦略
  • ネスレ: フリー(無料)なのになぜ儲かる?

コーヒー業界から「最新ビジネス戦略」がすべてわかる!

確かに『コーヒー業界から「最新ビジネス戦略」がすべてわかる!』というのは、それほど大風呂敷ではないでしょう。

「巻末付録」の参考文献でなるほど

10の「物語」の参考にした書籍や資料が「巻末付録」として紹介されています。

その中に、私が読んだ本もしっかりと入っています。

なるほど、関連情報を集めて、得意のマーケティングや戦略の話を絡めて「物語」を作っていく、なかなか素晴らしい手際です。

 

ほかにもドトールコーヒー、マクドナルド、スターバックの本は、いまも書店で目にすることがあります。

少し古いですが、読んでみたくなりました。

底は浅いけど分かった気にはなれる

一つ一つの事例に対する掘り下げは浅いですが、短時間で分かった気になるには丁度いいボリュームです。

特に個人的にも最近、気になっている「コーヒー」のことだけに「物語」自体もとても興味深く読むことができました。

 

現在、苦戦が続くマクドナルドの「100円コーヒー」を引き合いに出した章などツッコミどころも多いですが、それもまた「教材」として有効です。

この本と、紹介された関連資料を読むことで、ある程度はコーヒー市場を俯瞰できた気にはなれそうです。

 

ひとつの本をまとめるときの手法としても参考になりました。そして単純に読み物として面白かったです。

「Kindle版」だと約 3分の1の値段なんですね。そろそろ Kindle、買ったほうがいいかもしれません。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場