吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「中国名菜 銀座アスター」吉祥寺店で充実したランチセットをいただく

2016.09.09

10373 Views

吉祥寺ランチ」で庶民的(?)な中華料理屋を集中して巡ったので、たまには高級感のあるお店にも行ってみたくなりました。

スポンサーリンク

2016年で創業90周年の「銀座アスター」

去年、ヨドバシの裏通り吉祥寺駅寄りに立派なビルが建って、その中に「銀座アスター」ができたのは知っていましたが利用したことはありませんでした。

2016-09-06-13-18-41

 

入口前のメニューを見ると千円台のランチセットもあるので、とにかく入ってみることにしました。

2016-09-06-13-19-04

 

階段で地下1階に降ります。2階には宴会場もあるようです。

2016-09-06-14-11-56

ビル周りに人通りは少ないのですが、意外と中にはお客さんがいて驚きました。

武蔵野市吉祥寺本町1-23-1 ブランシュビル B1F・2F
●11:30-21:15(ランチ 15:00まで) 無休

リーズナブルなランチセットもある

メニューを見ると、幅広い値段でランチセットが用意されていました。2,500円の「スペシャルランチセット」もいい感じです。

2016-09-06-13-22-16

前菜の彩りがかわいらしいです。

 

それでもまあ、ここはひとつ 1,500円のランチセット「李花(りか)」を選んでみました。

2016-09-06-13-22-29

サラダやデザート付で、この値段なら十分にリーズナブルでしょう。

 

ほかにも「桂花(2,300円)」「牡丹(3,000円)」「芙蓉(3,700円)」など、お財布と気分に合わせて選べます。

もちろん、アラカルトからも選べます。

順番に出てきて食事をゆったり楽しめる

まずはサラダ。薄く切って揚げたおイモと刻んだナッツがアクセント。

2016-09-06-13-27-18

 

次は揚げた餅?熱々でモチっとしていてうまいです。塩山椒でいただきます。

2016-09-06-13-30-10

 

そしてスープ、メイン、お粥が一斉に登場です。ご飯も選べたのですが、久しぶりにお粥にしてみました。

2016-09-06-13-37-09

なかなか豪勢です。お粥はお替りできるとのこと。

スープとお粥と酢豚のコンビネーション

スープは「野菜ときのこの滋養蒸しスープ」。確かに旨みが溶け込んだスープは滋養に効果がありそう。

2016-09-06-13-37-15

かぼちゃ、大豆、冬瓜、ニンジン、豚肉、そしてキクラゲ、味わい深いです。

 

お粥は「五穀がゆ」。これまた体によさそうです。薄味ですが、少し甘味も感じます。そして酢豚と一緒にいただくといいバランスです。

2016-09-06-13-37-26

 

ザーサイと大根(?)を干した香の物。歯ごたえがあってお粥にも合います。

2016-09-06-13-37-33

 

そしてメインは私の大好きな酢豚。程よくトロっとした甘酢に絡めて軽く揚げた豚肉、玉ねぎ、竹の子、ピーマン、ニンジン、しいたけをバランスよくいただきました。

2016-09-06-13-37-21

 

お肉はひと口サイズに丸く揚げており、見た目にもお口にも嬉しい仕上がり。

2016-09-06-13-39-24

自宅でも、こんな感じで作ってみいものです。

吉祥寺ならでは、は特にありませんけど

最後に杏仁豆腐が登場。グレープ味のジュレが乗っています。

2016-09-06-13-59-19

メニューによると「コラーゲン入り」だそうです。

 

ということで、とても満足の「吉祥寺ランチ」でした。「銀座アスター」に吉祥寺らしさはありませんが、おいしいランチのお店としてはありです。

建物も店内も新しく綺麗で、気持ちよく食事ができました。どうも、ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場