吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「比内や(ひないや)吉祥寺店」のランチサービスで比内地鶏の『親子丼』を堪能

2016.11.04

4143 Views

吉祥寺ランチ」で親子丼が食べたくなって、以前から気になっていた「比内や(ひないや)」を訪れました。

スポンサーリンク

プチロードにある「六鳴館」の2階

お店は吉祥寺駅北口からサンロード途中を左折して「元町通り」を進み、コピスA館隣「靴下屋」の角を右に入る細い通り(プチロード)の左手、「六鳴館」というビルの2階にあります。

2016-11-01-14-30-05

 

「鹿鳴館」ではなく「六鳴館」。これぞ雑居ビルという感じの階段を上ると左に「比内や」があります。

2016-11-01-13-51-58

秋田県大館市にある「秋田比内や」の姉妹店という位置づけのようです。

武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 六鳴館ビル2F
●11:30-14:00、17:30-25:00

ここはやはり比内地鶏の「親子丼」

「ランチサービス」メニューには「親子丼」はもちろん、比内地鶏を使った「そぼろ二色丼」「鶏せいろ」もあります。

2016-11-01-13-52-09

秋田桃豚を使った「生姜焼き丼」「炭焼きポークカレー」もそそられます。

 

さらに「土日祝日限定 ランチメニュー」があり、こちらのほうが見た目は豪華かも。

2016-11-01-13-54-39

なにはともあれ平日なので、今日はやはり「親子丼」でしょう。

ランチサラダ 200円を追加しました

さすがに「親子丼」だけだと栄養が偏るので「ランチサラダ 200円」も一緒にオーダーした結果がこちら。

2016-11-01-14-04-11

思ったよりたっぷり野菜で嬉しくなりました。スープもしっかり鶏の出しが出ています。少しお酒も入っている感じ。

 

そして肝心の「親子丼」もボリューム満点。

2016-11-01-14-04-17

ふわとろな半熟玉子が見事です。

 

そして鶏肉はシッカリ歯ごたえ。さすがは比内地鶏といったところ。

2016-11-01-14-05-03

お肉は少し焼いているのか香ばしさが鼻をくすぐります。

 

「お新香付き」なのにお盆になくて聞いてみたら、各テーブルのこれらしいです。

2016-11-01-14-25-25

 

食後にアイスかホットのコーヒーが付くとのことでホットを注文。

2016-11-01-14-19-49

コーヒー付きで 900円ならリーズナブルな気もしますが、メニューに書かないのはなぜでしょう?

 

なにはともあれ「親子丼」は自宅で作るものと較べてさすがのお味でした。やはり比内地鶏は伊逹じゃないのでしょう。

ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場