吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺のカレー食堂「リトル・スパイス」でホットなキーマカレー

2015.03.10

13751 Views

「吉祥寺ランチ」企画のカレー編ですが、今回は番外編で「リトル・スパイス」に行ってきました。

スポンサーリンク

ランチタイムは営業していません

なぜ「吉祥寺ランチ」の番外編かというと「リトル・スパイス」は夕方以降しか開いておらず、ランチタイムには営業していないためです。

2015-03-02 17.52.11

 

場所は「大正通り」で「西三条通り」と「西二条通り」に挟まれたブロックにあり、同ビル1階にはラーメンの「春木屋」、2階奥には「喫茶ロゼ」があります。

武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 山田ビル2F
●17:30(土日祝16:30)-21:00 不定休

カウンター 10席のこじんまりした店で、時間帯では待つ必要がありそうです。

2015-03-02 18.03.11

今回は 18時に行ったこともあり、すぐに入れました。

「からい」「とてもからい」が分かりやすい

メニューにいきなり「からい」「とてもからい」と表記されているので、辛さに対する意気込みが伝わってきます。

2015-03-02 17.56.35

 

とりあえず、メニューの一番上にあるので「キーマカレー」を頼んでみました。

とりひき肉とポテトの辛口。トマトとヨーグルトをたっぷり使ったドライタイプのカレー。オリジナルレシピ

ということで 880円(税込 950円)。

 

「からい」ということなのでサラダ(380円)も頼みました。

2015-03-02 17.58.31

「リトル・スパイス」というだけはある

小さい器にキーマカレーが山盛りで、なかなか豪快な感じです。

2015-03-02 17.58.37

 

味も「リトル・スパイス」という店名通り、きちんと辛いです。苦手な人にはきついかもしれません。

2015-03-02 17.58.58

香りからしてスパイシーで、ご飯がとても進むおいしいキーマカレーでした。

「ブラックカレー」も食べてみたい

「からい」といっても辛いカレーが好きな人にとってはとても食べやすいカレーでした。もちろん頭から汗がどっと出ましたけど。

次は「とてもからい」という「ブラックカレー」や10数種類のスパイスを使ったという「洋食屋風ポークカレー」も試してみたいところです。

 

これまで巡ったカレーのお店がデフォルトではあまり辛くなかったので、余計にスパイシーに感じました。

「今日は辛くてガツンと来るカレーを食べるぞ!」という日には、また来たいお店です。どうも、ごちそうさまでした。

追加(2015/4/28)ブラックカレー

気になっていた「ブラックカレー」を食べに「リトルスパイス」を再訪。

ブラックカレー Black Chikin Curry とてもからい 900円(970)

スリランカの家庭料理がヒントのとり手羽元の辛口

 

出てきたのがこちら。写真よりも実物のほうが黒く見えました。

2015-04-28 18.09.30

手羽元は 3つゴロっと入っており、カレーになじんでいました。辛さはあとからやってくるという典型的なスパイシーなカレーでした。

 

といっても心配するほどではなく、おいしくしっかり味わえる辛さです。なぜ黒いのかは食べただけでは分かりませんでした。

 

「とてもからい」ということもあり、サラダから「ミックスライタ(380円[410])」も頼みました。

2015-04-28 18.19.41

ヨーグルトにトマトやきゅーり、オニオンなどが入っているのですが、抜群にカレーと合います。

 

そんなこんなで「ブラックカレー」は期待通りの味。辛さは店の外に出ると額から汗が流れ落ちるほどで「ミックスライタ」と共にとても気に入りました。

どうも、ごちそうさまでした。また来ます。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場