吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

思いのほか美味しかったラオス産のコーヒー豆「ランサン」を買って味わう(すずのすけの豆)

2016.06.07

3613 Views

いつもの「すずのすけの豆」で一杯、コーヒーを淹れてもらったら、これが思いのほかおいしかったので豆で買うことにしました。

その豆が、今回紹介する「ラオス ランサン」です。

スポンサーリンク

ラオス産のコーヒー豆は二回目

実はラオス産のコーヒー豆はすでに「パレスカフェ」という銘柄を飲んでいます。

そのときもラオスのイメージはなかったのですが、飲んでみると味も香りもバランスが良くて驚きました。

 

ただし、そのパッケージに貼られたシールには

生豆生産国:ラオス、コロンビア

となっていたので、ブレンドによってバランスよくなっているのかも、と思ったわけです。

「ランサン」はラオス産のアラビカ種

それが今回の「ランサン」はラオス産の豆だけが使われています。

ラオス ランサン

近年、品質が飛躍的に向上したラオス産の珈琲。標高1,300mのボラベン高原で栽培された大粒のアラビカ種の豆だけを厳選!ナッティな香ばしさ著爽やかな後味が特徴。

2016-05-28 19.30.10

 

前回も紹介したように、ラオスのコーヒーの 95% が「ボラベン高原」で生産されており、今回の「ランサン」もそのようです。

Googleマップ、Wikipedia では「ボーラウェン高原(Bolaven Plateau)」となっています。

 

そういえば吉祥寺にあるラオス・タイ料理のお店の名前が「ランサーン」でした。

ランサーンとは「百万の象の国」という意味で、かつての王朝の名称です。

 

さて、この「ランサン」ですが「すずのすけの豆」では 200g、1,000円とお値打ち価格で販売していました。

2016-05-29 09.32.50

迷わず購入したのは言うまでもありません。

充分に「いつもの豆」として使えそう

確かに少し大粒です。深すぎず浅すぎず、いい感じで焙煎されています。

2016-05-29 09.35.48

 

蒸したときの膨らみは少し抑えめですが、芳ばしく香っています。

2016-05-29 09.40.43

 

味は酸味、苦味、コクがほどよいバランス。

2016-05-29 09.44.16

値段も安いので普段飲みのラインナップに加えてもいいかも。

私は好きな味です。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場