吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

マラウイ産のコーヒー豆「ミスク チノンゴ」を楽しむ(すずのすけの豆)

2016.04.08

4962 Views

「すずのすけの豆」でマラウイ産のコーヒー豆を仕入れたと聞いて、早速、買いに行きました。

スポンサーリンク

まだ飲んでいない数少ない生産国

いろんな生産国のコーヒー豆を楽しんできましたが、30か国を超えたあたりからなかなか増えなくなりました。

それでも、アフリカの「ブルンジ」と「マラウイ」は以前も見かけたことがあり、いつか入手できると待っていたわけです。

 

そんな中、「すずのすけの豆」で登場したのが「マラウィ ミスク チノンゴ」。

2016-04-02 19.33.40

 

ちょうど焙煎したてで、冷めるのを待って購入。200g 1,300円でした。

2016-04-02 19.04.13

マラウイは伝統的な農業国

マラウイはコーヒーに興味を持つ前は知らない国でした。Wikipedia によるとアフリカ大陸南東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国とのことです。

マラウイ共和国(Republic of Malawi)基礎データ | 外務省
マラウイ – Wikipedia

北・北西を「タンザニア」、東・南・南西を「モザンビーク」、西を「ザンビア」の国境と接している南北に細長い内陸国です。

面積は 11.8万平方km(北海道+九州 程度)、人口は 1,636万人(2013年、世銀)、首都はリロングウェ。タバコ、紅茶、砂糖などの生産国でもあります。

 

2013年 世界のコーヒー豆 生産量 国別ランキングで「マラウイ」は 47位。

ちなみにタバコでは 7位 のようです。

北部州 ミスク地区 チノンゴ村

「すずのすけの豆」によるコーヒー豆の紹介文がこちら。

マラウィ ミスク チノンゴ

標高 1,700m~ に位置するチノンゴ村で、小農家で大切に育てられた ゲイシャ種・Sアガロ種を中心に構成されたハイクオリティのコーヒーです。ほのかな甘酸っぱさ、ソフトなコク、まろやかなやさしい味わいです。

 

また、検索すると、こんな情報もありました。

3000名の組合員を擁するマラウイのムズズコーヒー組合の中で、ミスク農協は50%強の生産量を誇ります。

「マラウイ ミスク チノンゴ」は、マラウイ北部州ミスク地区チノンゴ村で作られています。

 

このあたりですね。たぶん。かなり北です。

すべてについてマイルドな味わい

豆はやや小ぶりですが丁寧にハンドピックされ、粒ぞろいです。

2016-04-08 13.05.29

 

しっかり膨らみます。甘くほどよく香ります。

2016-04-04 07.59.49

 

酸味、苦味、コク、すべてについてマイルドで、飲んだ後にはほのかな甘みが感じられます。

2016-04-04 08.02.59

とてもバランスのよい味わいで、穏やかな春の午後にホッとくつろげる一杯です。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場