吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ケニア産のコーヒー豆「マサイ」を味わう(BLACKWELL COFFEE)

2016.04.28

4718 Views

在庫が切れたので「BLACKWELL COFFEE 吉祥寺店」で以前から気になっていたコーヒー豆を買うことにしました。

スポンサーリンク

「中道通り」に馴染む「BLACKWELL COFFEE」

自宅から吉祥寺への往復に「中道通り」を通るのですが、昨年7月にオープンした「BLACKWELL COFFEE」もすっかり馴染んだ感じです。

2016-04-22 19.03.30

昼も夜も、結構、お客さんが入っているので素晴らしいです。

 

私も何度か店内で飲んだり、テイクアウトしています。

2015-10-06 19.43.55

そして、いつか自家焙煎したコーヒー豆も買いたいと思っていたわけです。

「ケニア・マサイ」に興味津々

ストレート焙煎豆のメニューはこんな感じ。

2016-04-29 13.31.32

 

「生産国」という観点では、すでにどの国も飲んだことがあります。

でも「銘柄」でいえば「ケニア・マサイ」が気になっていました。

 

そう、あの「マサイ族」が栽培?と勘違いしそうなネーミングです。でも「マサイ族」って遊牧民族ですよね?

なんてことが頭をよぎるわけです。

ケニアコーヒーのブランド名

「BLACKWELL COFFEE」での解説はこちら。

コーヒーの力強さを鮮明に感じられるマサイのコーヒー。ベリー系の香りと酸味、チョコのような甘味とフレーバー、しっかりしたボディー感、全てにおいてとても優秀で魅力的なコーヒーです。

 

さらに「ケニア マサイ」で検索しましたが、ケニアのコーヒー豆なので有名な「マサイ族」の名前をブランドにして麻袋のデザインにも使っているようです。

麻袋は勇敢な戦士として有名なマサイ族のデザイン

ケニアAAマサイはニェリ地区とキリニャガ地区のトップグレードの原料をドーマン社の品質管理担当者がブレンドし、外観、カップクオリティーともにトップグレードに仕上げたプレミアムコーヒーです。

『あえて農園を指定しないことで品質の安定性を図っている』のだそうです。

 

その品質のブランドが「マサイ」なのでしょう。200g で 1,380円。

2016-04-23 06.00.28

 

縦長の袋は初めてですが、開封後、キャニスター缶に入れやすくていいです。

2016-04-28 11.34.54

香りが豊かで飲みやすい一杯

早速、封を切ると、とても良い香りが漂ってきました。いままでのコーヒー豆の中でも「豊か」な香りといっていいでしょう。

2016-04-24 08.17.35

 

粒ぞろいで、丁寧に焙煎されています。

2016-04-24 08.18.23

 

膨らみも申し分ないです。

2016-04-24 08.25.38

 

しっかり焙煎されていますが苦味は強くなく、酸味、甘み、コクのバランスもよく、飲みやすい一杯です。

2016-04-24 08.29.00

ケニアコーヒーの評価が欧州で高い理由も分かる気がしました。おいしかったです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場