吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ボリビア産のコーヒー豆「リオコリ」を味わう(吉祥寺 自家焙煎「珈琲散歩」)

2016.02.21

3273 Views

吉祥寺「中道通り」にある「珈琲散歩」でボリビア産のコーヒー豆が入荷されており、初めての国なので即買いしました。

スポンサーリンク

ボリビアのコーヒー豆も初耳

これまでも「珈琲散歩」では他店では扱っていない国のコーヒー豆を焙煎してもらって世界地図を見ながら楽しんできました。

どれも珍しいですが、今回のボリビアも初めて見かけました。

 

そもそも「ボリビア」については南米にあることくらいは知っていましたが、正式名は「ボリビア多民族国」というのですね。

Wikipedia によると、北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国とのこと。

面積は 110万平方km(日本の約 3倍)、人口は 1,005.9万人(2014年7月 国家統制局)、首都はラパス(憲法上はスクレ)。あのウユニ塩原はボリビアなんですね。

 

2013年 世界のコーヒー豆 生産量 国別ランキングで「ボリビア」は 29位。

30位以内というのは意外でした。

リオコリ農園(Finca Rio Kori)

「ボリビア リオコリ」で検索すると、いくつか情報がありました。

生産国 ボリビア、地域 ラパス県カラナビ郡カラマ
農園名のリオコリは、金が発見された近くの川の名前です。「コリ」は現地語で金という意味です。

 

Googleマップで「ラパス県カラナビ 」はありました。なるほどの標高です。

 

「珈琲散歩」の紹介文には「バイオラティーナ認証」と記載されています。

2016-02-21 09.08.28

 

これも、先ほどのコロネーションコーヒーの記事で

バイオ ラティーナとはペルーを中心とした中南米11カ国に拠点を構えたUSDA(アメリカ農務省)公認の認証団体です。
バイオ ラティーナ有機認証はバイオ ラティーナとUSDAのオーガニック プログラムの基準を満たした業者に交付されます。

という解説がありました。

「やや深煎り」で楽しむ

今回は生豆 200g(1,296円)を「やや深煎り」で焙煎してもらいました。

2016-02-20 09.51.46

 

ラオス」「ハイチ」とおとなし目だったので、少し深煎りしてもらいました。

ビターチョコレート、ローストしたナッツのような甘味とコク

 

大きさは中くらいかな。

2016-02-20 09.59.40

 

いつものように膨らんで

2016-02-20 10.08.26

 

はい。できあがり。強くはないですが、ホッとする香りがします。

2016-02-20 10.13.21

「ローストしたナッツ」という表現はピンときませんが、ほどよい苦みとコクで後味もよく、おいしくいただけました。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場