吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ウガンダ産のコーヒー豆「ブルーナイル マウントエルゴン」をいただく(LIVE COFFEE 吉祥寺)

2016.07.10

3782 Views

LIVE COFFEE 吉祥寺店の前を通ると「煎りたてオススメ ウガンダ ブルーナイル」の看板が目に入りました。

2016-07-07 19.13.33

スポンサーリンク

ウガンダのコーヒー豆はすでに経験済みだけど

ウガンダのコーヒー豆は以前、通販(加藤珈琲店)で買って飲んだことがありますが、ブレンドを示す表示があって、ちょっと引っかかっていました。

 

そんな中、今回の「ブルーナイル マウントエルゴン」は、かなり出所がきちんとしている感じです。

2016-07-07 19.10.28

「ブルーナイル」というネーミングもいいですよね。あとはシングルオリジンと信じるしかありません。

ケニアとの国境にそびえるマウント・エレゴン

説明書きによると採れた場所は

Bugisu はウガンダ東部、ケニアとの国境にそびえる Mt.Elegon の斜面に位置します。

とあり、確かにウガンダ東部、ケニアとの国境にあります。

ちなみに前回の「ナチュラルグレートレイク」はウガンダの西部、コンゴ民主共和国との国境近くでした。

 

そして「Bugisu」は地域名としては検索できませんでしたが、その名を冠する施設が山の西(ウガンダ)側に集まっています。

この地図の下に見えるのが「ヴィクトリア湖」です。

 

Wikipedia によると、ヴィクトリア湖からのナイル川(白ナイル)の流出口は湖北部のジンジャとなっています。

となると「Bugisu」はナイル川からは結構、離れているわけですが、

Bugisu Cooporative Union より、コーヒーを買い付けして、首都カンパラにある選別加工工場で、精選・選別・輸出しています。

とのことで、輸出時に「Bule Nile」と名づけるブランド戦略は分かります。

香り高く酸味と甘みが印象的なブルーナイル

さて、肝心のコーヒー豆ですが、200g 800円(税込)は「お買い得」感あります。

2016-07-07 22.30.20

 

豆は少し大粒です。封を切ると香りが豊かで、いい感じ。

2016-07-08 08.27.58

 

しっかりと膨らみもあり、「煎り立て」も確かなようです。

2016-07-08 08.40.44

 

甘い香りが印象的で、酸味を感じながらの後味の中に、ほのかに甘みが残ります。

2016-07-08 08.43.52

おいしくいただけました。いかにもスペシャルティコーヒーという一杯です。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場