吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

エルサルバドル産のコーヒー豆「エル・モリノ農園」をいただく(すずのすけの豆)

2016.07.12

3488 Views

いつもの「すずのすけの豆」で新しくエルサルバドル産のコーヒー豆が加わったということで買いに行きました。

スポンサーリンク

エルサルバドル産コーヒー豆は約 1年ぶり

前回、エルサルバドル産コーヒー豆は「ミカフェート吉祥寺店」で買いました。

昨年の 8月頃だったので、約 1年ぶりとなります。

 

「すずのすけの豆」の説明書きによると

100年の歴史を持つ JASALグループが所有する最も有名な “El Molino 農園” で生まれたコーヒー。最もよく収穫されるブルボンとカツーラから厳選されました。

2016-07-09 19.48.30

とのこと。

 

検索すると JASAL のサイトがありました。同族経営(family owned business)のようです。

「アパネカ イラマテペック」はエルサルバドルでコーヒー栽培に最適な地域とのこと。

 

Googleマップで検索してもズバリは見つからず、その地域を含む「アワチャパン県」はエルサルバドルの西部にあります。

前回の「ブルボン パラァ」も「アワチャパン県アパネカ地区」でした。

「エル・モリノ農園」の実力はいかに

豆は少し小ぶり。しっかりと甘い香りがします。

2016-07-11 07.40.05

 

煎りたて挽きたてなので、お約束通り膨らみます。

2016-07-11 07.46.25

 

淹れたあとも香ばしく、酸味、苦味のバランスがよくて飲みやすいです。

2016-07-11 07.49.47

ほんのり甘さの残る後味もよく、ホッと一息つく一杯に最適です。まあ、大概そうですけどね。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場