吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

『コーヒーの鬼がゆく – 吉祥寺「もか」遺聞』- そんなお店が吉祥寺にあったとは

2015.08.14

4176 Views

自家焙煎の草分け、吉祥寺「もか」店主・標交紀。“感動を誘う”コーヒーを創り出した男―…。

そんな紹介文を目にして、いまの私が読まないわけがありません。

 

標交紀さんが生前、吉祥寺「もか」で自家焙煎コーヒーに心血を注いでいた頃、ちょうど私は三鷹にある会社に勤めていました。

吉祥寺は歩いて行ける場所であり、知ってさえいれば彼の淹れたコーヒーを飲めたかもしれません。

 

といっても、私がコーヒーに強い興味をもったのは僅かここ半年のことで、それまでは喫茶店にさえ縁遠く、接点は限りなくゼロでした。

 

それでもいま『コーヒーの鬼がゆく – 吉祥寺「もか」遺聞』を読み終えると「もったいないことをした」と痛切に感じます。

まだ私には「これがおいしいコーヒー!」という確たる基準がありません。標さんの淹れたコーヒーならもしかしたら、と夢想させてくれる一冊でした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場