吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺第一ホテルの「鉄板焼 むさしの吉祥(きっしょう)」で平日限定ランチコースをいただく

2017.03.23

3242 Views

吉祥寺第一ホテルでの「吉祥寺ランチ」第三弾は「鉄板焼 むさしの吉祥」!

スポンサーリンク

いかにもホテル内の「鉄板焼」店

「鉄板焼 むさしの吉祥」は「吉祥寺第一ホテル」の中にあり、ホテルは吉祥寺駅の西にある「吉祥寺通り」を北上すると東急百貨店の次のブロックにあります。

正面入口のエスカレーターで 2階に上がると右手に入口があって「一寿し」とは隣り合わせになっています。いかにも高級そうな店構えです。

武蔵野市吉祥寺本町2-4-14 吉祥寺第一ホテル 2階
●11:30-15:00、17:30-22:00(月-金)、11:30-22:00(土日祝)

1日10食限定「平日限定ランチコース」

入口に「平日限定ランチコース(3,500円)」の看板がありました。他のメニューは軽く5千円を超えるので、迷わずこのコースを選びました。

「1日10食限定」というので入店前に「まだ、やっていますか?」と確認したところ「大丈夫」とのことでした。

 

店に入ると大きな「鉄板ブース」が2つあり、その片方に案内されました。

とても高級感のある内装やライティングで、さすがはホテルの鉄板焼きです。ワクワク。

目の前で焼いてもらうのは楽しい

まずは「始めの一皿」として豚のペースト?が登場。アペタイザーとしては申し分ないです。

 

そしてサラダ。キューブ形のものはクルトンでもチーズでもなく、とにかく軽く歯ごたえがあっていいアクセントでした。

濃い目のドレッシングでしたがおいしかったです。

 

そうこうしているうちに、目の前の鉄板で調理が始まりました。

さすがの包丁さばきです。

もう少し食べたいくらいの量でいいかも

完成形がこちら。焼き具合はミディアムです。

お肉と同時に焼き上げた「もやしの香味焼き」もおいしそう。

 

お肉は神戸ビーフのランプ 80g とのこと。若い人には物足りないでしょうけど、私には「もう少し食べたい」くらいでちょうどいいです。

 

下ろししょうゆや特製ソースもありましたが、シンプルな塩が一番、お肉の味を引き立ててくれて気に入りました。

あっというまに食べ終わった感じです。

 

残念ながら「限定コース」のためか「ホテル会員」カードでの割引は適用されませんでした。

それでもポイント(3%)はつきました。

 

なにはともあれ、混みあわず、落ち着いた雰囲気でゆったりお肉を堪能できました。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場