吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「だし茶漬け えん アトレ吉祥寺店」で「焼き鮭といくらの親子」をさらっといただく

2017.06.15

3863 Views

4月頃、アトレ吉祥寺に「だし茶漬け」のお店ができたのは知っていましたが「吉祥寺ランチ」にはピンとこなかったので後回しになっていました。

それでも今回、夕食でさらっとした食事がしたかったので利用しました。

スポンサーリンク

もとは「アロハテーブル」のあった場所

お店はアトレ吉祥寺の本館地下1階にあり、「いしがまやハンバーグ」と「すしの美登利」の間にあります。

もとはハワイ料理やマラサダが楽しめた「アロハテーブル」のあった場所です。

武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺 本館B1F
●11:00-23:00

最初は自動券売機に戸惑うかも

自動券売機で事前に支払うようですが、選び方にしばらく戸惑いました。

 

一度、分かってしまえば大丈夫ですが、要するに

  • 12種類のメニューがあり、ピンク色が「季節のだし茶漬け」
  • 個々のメニューに「小盛」「普通盛」「大盛」ボタンがある
  • 「小盛」も「大盛」も値段は同じ。出汁もおかわりができる
  • 「ハーフ&ハーフ」なら好きな二種類のだし茶漬けを選べる
  • 「サイドメニュー」ボタンでサイドメニューも追加できる
  • だし茶漬けはすべて「小鉢2品」と「お漬物」とのセット

ということのようです。

 

券売機の上や横にも説明がありますが、それを読んで少し悩んでいると次を待つお客さんに申し訳なく感じます。

なので、もっと大きな字で分かりやすいガイダンスを券売機から少し離れた場所にでも用意して欲しいかも。

「焼き鮭といくらの親子」の普通盛

あとから「ハーフ&ハーフ」にすればよかったと思いましたが、まずは「普通」がどれくらいか知るためにも「焼き鮭といくらの親子」で「普通盛」をチョイス。

食券を渡してカウンター席に座りました。

 

そして 2分ほどで登場したのがこちら。煮物と豆腐の小鉢に漬物でセットです。

 

器が大きく「普通盛」では見た目にも寂しい感じ。でも、おいしそう!

 

早速、出汁をかけました。十分に温かいですが熱々ではないです。

 

あっさりとした、でもなるほど味わい深い出汁です。焼き鮭、いくらはもちろん、昆布の佃煮が効いています。

「わさび」があればいいのに、と思いました。言えば出してくれるのかな?

「すべてセット」では利用機会は少ない?

「季節の小鉢2品」の「だし茶漬け」とのバランスは良かったです。このときは手作り豆腐がおいしかったです。

それでも「小鉢2品」なしで 200円引きにできれば 500円以下のメニューもできて「ちょっと一杯」に利用しやすいので検討して欲しいです。

 

ランチには男性だと「大盛」でもボリューム不足かも。だからといってサイドメニューを足すと「だし茶漬け」で千円超えランチはキツイかも。

 

ということで、味には満足しましたが、ちょくちょく利用するかというと悩ましいところです。次回があるとすれば「ハーフ&ハーフ」で「大盛」ですね。

なにはともあれ、おいしかったです。ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場