吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「伝説のすた丼屋」秘伝のニンニク醤油ダレが効いた「すたみなライス」で吉祥寺ランチ

2018.04.24

1246 Views

吉祥寺ランチ」で「the 肉丼の店」「吉祥寺どんぶり」とくれば、やはり「伝説のすた丼屋」も加えておきましょう。

スポンサーリンク

2階への階段を上るのが少し不安かも

お店は吉祥寺駅北口から「ヨドバシ吉祥寺」に向かう「吉祥寺大通り」右手にある「M9ビル」の 2階にあります。

 

ビルの向かって左にある階段から上るのが少し不安になりますが、外扉は開いていて、ガラスの内扉からは店内が見えるので安心できます。

武蔵野市吉祥寺本町1-18-2 M9ビル 2F
●11:00-23:00

きれいな店内にタッチパネルの食券機

店内はきれいで、入って右手にタッチパネルの食券機があります。

順番に進めば買えますが、そもそもメニューを知らないので戸惑います。

 

丼だけでなく、ごはんを分離した定食やセット、カレーや麺もあるのですね。

サラダが付いているようなので「定食」にします。

 

画像付きなのは分かりやすいです。それぞれ「並盛り」「飯増し」「肉増し」「肉飯増し」から選びます。

とりあえず「並盛り(630円)」でいいでしょう。

ニンニクの味と香りが広がる味付け

店員さんに食券を渡して 3分ほどで「すたみなライス」が登場。

 

ニンニクの香りが広がり、なるほどスタミナが付きそう。

 

しっかりとした味付けで好みは分かれそうですが、若い男性なら好きなはず。

いずれにせよ、ごはんが進むこと請け合いです。

「すた丼」と「スタ丼」の違いは?

席に置いていたメニューには「東京 多摩発祥」とあります。

多摩といっても広いですので検索すると発祥のお店は国立にあるとのこと。

国立のお店では「スタ丼」、チェーン店では「すた丼」となっているのも歴史がありそうです。

 

なにはともあれ「すたみなライス」、おいしくいただきました。「並盛り(630円)」でもお腹いっぱい。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場