吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

『コーヒー「こつ」の科学』でさらに楽しくお勉強

2015.05.12

3695 Views

「珈琲 完全バイブル」で、コーヒーのガイド本はほぼ満足していました。

4902744732 4838727305 4777933709 

スポンサーリンク

コーヒーについてさらに楽しくお勉強

それでも、アマゾンで気になるタイトルを見つけたので買ってしまいました。

「こつ」というのは知りたい気持ちをくすぐるいい言葉です。2008年と少し古い本ですが 7版まで重ねています。

 

紹介文も、なかなかいいです。

コーヒーのこと、本当に知っていますか?

コーヒーにはとかく蘊蓄がつきもの。でも、それって本当なのでしょうか?根拠があいまいなコーヒー論にコーヒー研究者、石脇博士が科学の視点で軽快に斬りこみます。身近な疑問に博士が答えるQ&Aスタイルで楽しみながらコーヒーの世界を旅してみませんか。

これまでに買った本と読み比べるのも面白そうです。

 

目次はこんな感じ

  1. コーヒーを知るための基礎知識
  2. コーヒーの成分を知る
  3. おいしいコーヒーを淹れるために
  4. コーヒーの加工を知る
  5. もっとコーヒーを知りたい人のために

この中に 87 の Q&A が書かれているわけです。

私が最も気になった Q&A は

私が個人的に最も気になった Q&A は

Q13 完熟果からとった豆ほど甘みのあるコーヒーになるのでしょうか?

かもしれません。

あえて、その答えは引用しませんが、なかなか興味深い回答です。

 

いま飲んでいる「コスタリカ エルバス農場 イエローハニー」でも、確かに「甘み」を感じます。気のせいかもしれませんけど。

さて、この「甘み」と感じるものはどこからくるのでしょうか?

フレンチプレスの「こつ」の Q&A が面白い

ペーパードリップだけだと少しマンネリなので「フレンチプレス」を試してみたいと思っている今日この頃ですが、こんな Q&A もありました。

Q31 フレンチプレスの抽出の仕組みと淹れ方のコツを教えてください。

 

この回答で一番、興味深かったのは

浸漬法での抽出は、フレンチプレスがなくても簡単にできます。

というところかもしれません。やはり、その答えは引用しませんが、今度、試してみようと思います。

アラビカ種の品種が少し分かったかも

先ほども登場した「コスタリカ エルバス農場 イエローハニー」ですが、品種は「カトゥアイ」と表示されていました。

2015-05-08 16.46.08

「珈琲 完全バイブル」にも「カトゥアイ」の紹介はなく、「カトゥーラ」はあったので、きっとそこから派生した品種ではないかと思っていたわけです。

 

それがこの本では

Q84 アラビカ種にはどんな品種がありますか?

カトゥアイ - ムンドノーボとカトゥーラの交雑

と紹介されており、スッキリしました。

細かい品種までは知らなくてもいいとは思いますが、説明書きに明記されていると気になるのが人情というものです。

 

このページの「アラビカ種の主要品種」一覧と「珈琲 完全バイブル」の「コーヒーの品種」ページを一緒に読めば、かなり理解が深まります。

「珈琲 完全バイブル」とあわせて読むと完全?

ほかの Q&A にも面白い情報がたくさんあり、それこそコーヒーでも飲みながら読むのに最適です。

2015-05-12 10.37.13

イラストも味があって、理解を助けるのになかなかいい感じ。

 

一方の「珈琲 完全バイブル」は写真満載なので視覚的にも説得力があります。

 

ということで、この二冊で補完しあえば、かなりの知識が身に付きそうです。

2015-05-12 10.44.10

コーヒーに興味が深まってきた人にはお勧めできます。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場