吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ソニーのウェラブルネックスピーカー「SRS-WS1」で深夜も気兼ねなく大音量でテレビ視聴できそう

2017.10.14

759 Views

「今日のひとこと」で紹介したソニーのウェラブルネックスピーカー「SRS-WS1」ですが、どうしても欲しくなって買ってしまいました。

スポンサーリンク

深夜にテレビの音量を気にせず楽しみたい

今年 2月に 20年間愛用していたブラウン管テレビを 55型 4K液晶テレビ「東芝 REGZA 55Z700X」に買い替えました。

せっかくなので音も楽しみたいと専用スピーカーシステムも購入。

結果は大満足で、それまで味わえなかった低音の迫力や音の広がりを感じ、大画面と伴って映画などの視聴が楽しくなりました。

 

さらに 4月には「Fire TV Stick(Newモデル)」を購入して、結構、深夜まで映画やアニメを観ることが増えました。

すると映画の戦闘シーンなど、急に音量が大きくなることがあり、ここぞとばかり低音が響くので気になって音量を絞ってしまいます。

うちの家は防音はしっかりしていて、隣家の赤ん坊の泣き声も気にならないくらいなので大丈夫だとは思いますが、もっと気兼ねなく楽しみたいわけです。

でもヘッドフォンは苦手なので手元スピーカーなどを検討していました。

発売日前に入手できると知って勢いで…

そんなとき、ソニーのサイトでウェラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を見つけたときは「これだ!」と思いました。

特に「迫力ある低音を実現する音連動バイブレーション」が魅力的でした。

B075K7Y6GH

首にかけたスピーカーが震えて低音を響かせるなら近所には伝わらないはず。

とはいえ、買う前に以下の点が気になりました。

  • 26,870円というのは、それなりのお値段
  • 本体 335g はスマホの倍以上で重いかも
  • 下から上に音が届くと、どう聴こえるのか

いま使っている iPhone 6s が 143g なので、その倍以上となると首から下げると気になるかも、と感じていたのです。

B075K7Y6GH

だから量販店で試して買うつもりでしたが、値段の確認で ヨドバシ.com を開くと 10月14日発売なのに、12日に販売開始されていました。

となるともう我慢できなくなって買ってしまった、というわけです。

デザインはいいですが装着感は微妙

購入の翌日朝、早速、届きました。全部入りでも大して重くないです。

 

なかなかきれいに収まっています。

 

ケーブルや充電代などを取り出すとこんな感じ。

 

スピーカーを手で持つと重すぎはしないけど、決して軽くもないです。

でも、デザインはカッコいいんじゃないでしょうか。

 

首から下げてみました。まあ、日頃から 3kg の「エアロビックバー」をかついでスクワットなどをしているので「重い」とは思いません。

でも『人間工学に基づいた体にフィットする装着感』というほどではありません。服装にもよりますが、夏の薄着では首の後ろ辺りが気になるかも。

充電台で充電は少し場所を取るかも

まずは充電ということで充電台を USB で電源につなぎ、その上にスピーカーを置くだけです。

マグネットでカチッと位置合わせされます。が、少し前後させないと一発でピタッといかないこともあるようで、慣れが必要かも。

 

また、スピーカーを寝かせた状態でないと接点が合わず、ぶら下げた感じの充電はできません。

そのため場所を取るといえば取ります。

 

まあ、置き場がないならケーブルで直接つなぐ方法もあるので、それもありかと。

ちなみに「+」「-」が音量ボタン。指の先で触れると分かります。

 

充電が始まるとスピーカーの青いランプが点き、ゆっくり点滅を開始。

終わるとスピーカーも充電台もランプが消えます。

 

送信機に「光デジタル音声出力」をつなぐ

送信機は「光デジタル音声入力端子」があるので、付属のケーブルでテレビとつないでみました。

はじめて使いますが、かなり奥まで挿さないとダメなようです。

 

送信機にも USB で電源を供給して「光デジタル音声入力端子」を挿入。

 

テレビの電源を入れると送信機のランプが緑に変わり、無事に接続完了。

途中で途切れることも画面との違和感もなし

充電台に置いたままではスピーカーは使えないようです。充電台から外し、電源ボタンを押します。

電源マークの上の波マークが低音の振動調整ボタン。

 

机の上に置いたままでも、十分によい音です。

 

いつもの座椅子に座りながら映画を1本観ました。音はクリアで、低音の振動も十分に響きます。下からの音ですが画面との違和感はありません。

もちろん重さは感じますが、映画に没頭すると気にならなくなる程度です。

 

音量調整は手元を見ないでも大丈夫。

そのまま台所やお手洗いにも行ってきましたが、音声が途切れることはなく、料理中にも使えそう。

 

しばらく使わないと真価は分かりませんが、これで少なくとも深夜でも音を気にせずに映画やアニメが楽しめます。

 

早速、アマゾンには装着感でいろんな意見があるようです。安くはないのでやはり本来は量販店で試着してから購入したほうがいいかも。

私は形状も重さも映像に夢中になると気にならなくなりました。というか、このスピーカーのおかげて没入感は確実にアップします。

ということで、しばらく使いこんで新しい発見があればまた報告します。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場