吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ペルー産のコーヒー豆「オレンジ農園」をいただく(UCCカフェメルカード)

2018.01.23

549 Views

吉祥寺の「UCCカフェメルカード」でペルー産のコーヒー豆「オレンジ農園」を購入しました。

スポンサーリンク

ペルー産はすべて別のお店で 4銘柄目

いつのまにかペルー産も 4銘柄目となりました。

それぞれ違うお店で購入しており、それほどペルー産として品質の良いコーヒー豆が出回っているということでしょう。

ペルーには南北にアンデス山脈が通っています。

その周囲にある高地で、コーヒー生産に向いた地域がいくつもあることは想像に難くありません。

「サンイグナシオ」はエクアドルとの国境近く

お店の説明書きでは「生産地:サンイグナシオ」となっており、Googleマップではエクアドルとの国境近くに見つかりました。

 

情報が少ないのでさらに検索すると、他のサイトで「ペルー サンイグナシオ」という銘柄もありました。

その説明で

ペルー北部、エクアドルとの国境付近に位置するサンイグナシオ(標高1400-1600m)は、粘土質に腐葉土が混ざった恵まれた土壌で、有機肥料だけを使用し、手詰み収穫されたコーヒーを丁寧に収穫しています。

とあるので、このペルー北部の「サンイグナシオ」がコーヒー栽培に適した地域なのは間違いなさそうです。

スッキリした酸味のあとに甘味が広がる

焙煎は中浅煎り。サイズはやや小さいですが粒ぞろい。香りもおとなしいです。

 

蒸らしの膨らみは少ないですが、きめ細かい気泡が出ています。

 

味はスッキリした酸味のあとにほどよく甘味が残ります。

これくらいの浅めの焙煎にもすっかり慣れたのか、おいしくいただきました。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場