Surface、ZenFone、吉祥寺ランチ、WordPress、個人事業主手続きなど、何事も初めては面白い!

武蔵境のカフェ「NORIZ COFFEE(ノリズコーヒー)」で自家焙煎の「スマトラタイガー」を味わう

2016.10.15

889 Views

久しぶりに武蔵境の周辺を歩いていたら自家焙煎のコーヒー豆でハンドドリップしてくれるお店「NORIZ COFFEE」を見つけたので立ち寄ってきました。

スポンサーリンク

亜細亜大学通りにできた素敵なカフェ

お店は JR武蔵境駅北口を北に歩いて「亜細亜大学通り」を渡って通り沿いに左折、しばらく歩くと右手にあります。今年の7月にオープンしたそうです。

2016-10-14-17-33-41

以前、紹介した「なつみ珈琲店」と同じ通り沿いで、さらに亜細亜大学寄りです。マスターに尋ねるとやはり学生のお客さんは多いようです。

東京都武蔵野市境2-8-1
●10:00-20:00 木曜休+不定休

店内はカウンターの向かいに長椅子があり、そこに丸いクッションが並んでいて、4脚ほどの小さなテーブルとの組み合わせでゆったり過ごせます。

 

カウンターの奥にはライトアップ(?)された焙煎機が輝いています。

2016-10-14-17-37-38

ドリップコーヒーは自家焙煎豆を選択

ドリップコーヒーは一杯 450円。豆は選べます。

2016-10-14-17-41-44

 

こちらがそのラインナップ。インドネシア、コロンビア、エチオピア、コスタリカ、グァテマラと揃っており、100g から豆の販売もしています。

2016-10-14-17-37-29

 

その中から今回は深煎りの「スマトラタイガー」をチョイス。

2016-10-14-17-37-29

これぞマンデリンな「スマトラタイガー」

お湯の温度や豆の重量を計っての丁寧なハンドドリップです。

2016-10-14-17-39-28

ちなみに豆の量は 18g とのこと。

 

大きめのカップにたっぷり。これぞマンデリン!といった香りと苦味の一杯に仕上がっています。

2016-10-14-17-42-11

このお店、ゆっくりと過ごせそうです。

マスターとコーヒー談義に花が咲く

扱っているコーヒー豆についてマスターにお話をうかがっていると、エチオピアの「イルガチェフェ ナチュラル」を小ぶりのカップに淹れてくれました。

2016-10-14-17-47-17

マンデリンと比べると、その華やかな香りと酸味が際立って感じられます。

 

そこでマスターに各国のコーヒー豆を楽しんでいること、近隣の自家焙煎のお店を訪ねていることなどを話して、楽しくコーヒー談義させていただきました。

知らないお店も教えてもらいました。今度、行かなきゃ。

 

最近は武蔵境に立ち寄ることが減りましたが、こういうお店があると選択肢が増えて嬉しいです。店内で焼いたケーキもおいしそう!

2016-10-14-17-41-56

また寄らせていただきます。今度は豆を買おうかな。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場