吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ワイヤレスで3台操作できるフルキーボード Logicool 370s の購入理由と使用感レビュー

2016.12.11

1910 Views

デスクの上をすっきりするため、パソコン 2台とタブレット端末 1台をひとつのキーボードで操作できるワイヤレスキーボード  Logicool 370s を購入しました。

スポンサーリンク

2台の PC をひとつのキーボードで操作したい

デュアルディスプレイ環境のメインPC とサブマシン(Surface Pro 3)の併用はとても快適です。

ここでさらに 2台の PC をひとつのキーボードで操作できれば、デスク上はさらにスッキリするはずです。 

 

実はすでにフリーソフトやリンクケーブルで共有を試みて、それぞれ便利ではあったのですが、ときどき不具合が起きるなどで現在は使わなくなっています。

 

特に Surface Pro 3 をときどきドッキングステーションから外して使っているので、そのときの共有設定などで面倒なことがありました。

そこでキーボード側で切り替えたい、と考えるようになったわけです。

ちょうどキーボードの買い替えを検討中だった

さらに長年使っていたキーボードのキー印字がはがれて、そろそろ買い替えどきという理由もありました。

まあ、印字がはがれていても大丈夫ですが、ときどき「なにパソ」でキーボードの写真を撮りたいとき、これでは使えないわけです。

 

加えてタブレット端末を購入したので、これも同じキーボードで操作できれば、これほど便利なことはありません。

ロジクールのマルチデバイス対応キーボード

すでに 3台対応のワイヤレスキーボードはロジクールからいくつも売り出されています。K480 なんかはコンパクトなのが魅力です。

でも、私が欲しいのはフルサイズのキーボードです。そこで K780 も候補でした。

ただし、私がよく使う矢印キーの場所が特殊だったり、なによりも 1万円近い値段ということで購入を躊躇していました。

 

そんな中、11月に発売された K370s は約 4千円と非常にリーズナブルです。

しっかりフルサイズで、おまけにスタンドまで付いてきます。

 

さらにアマゾンの「Cyber Monday 2016」で千円引きになっていました。

これで私に買わない理由はなくなりました。

Logicool 370s を開封してメイン PC に

早速、翌日朝に届いて、ざっと中を出したのがこちら。

キーボード、スタンド以外に電池(単四2本)と USBレシーバー付き。

 

いままでのキーボードとサイズもほぼ一緒なので、あとは慣れの問題でしょう。

 

一応「24ヵ月のバッテリー寿命」とのことなので期待しています。

 

USBレシーバーをデスクトップ PC の USBハブに挿したところ、即座に認識して使えるようになりました。

まずは一安心です。

Bluetooth で Surface Pro 3 と接続

次に「2」のキーを長押しすると

 

Surface Pro 3 側で Bluetooth デバイスとして認識しました。

 

ちなみに「K370s」なのに「K375s」と表示されるのでゴメンナサイ、という紙が入っていました。

 

選択して「ペアリング」ボタンを押すと

 

パスコードを入力してください、と表示されます。

 

素直にキーボードから入力すると「接続済み」となり、

 

入力できることを確認しました。

Bluetooth で ASUS ZenPad 3 8.0 と接続

続いて「3」のキーを長押し。

 

ZenPad 3 8.0 の「Bluetooth」設定画面で「Keyboard K370s」を確認。

 

選択するとパスコードの要求があるので、それをキーボードから入力。

 

無事、接続が完了。

 

入力できることも確認できました。

Logicool 370s トータルの使い心地

ボタンひとつで接続を切り替えられることを確認しました。

ただし、その場合はファンクションキーが音量アップといった機能に割り当てられてしまいます。

 

個人的には「F5」で「リロード」など、ファンクションキーは普通に使いたいので

「fn」キーを押しながら「esc」キーを押す

ことで通常のファンクションキー操作を優先にしました。

 

この場合、キーボードの切り替え時は「fn」キーも同時に押す必要がありますが、間違ってキーを押しただけでは切り替わらないのも私的には好都合です。

そもそも、そんなに頻繁に切り替えるわけでもないのでちょうどいいです。

 

キーボードのピッチなどは以前と同じで大丈夫ですが、エンターキーやスペースキーの長さなどが微妙に違うようです。

ファンクションキーの間隔の取り方も違うので、しばらくはミスタッチもありそうです。キーを押した感触も少し違いますが、特に打ちづらいことはありません。

 

なにはともあれ、デスクが一気に広くなりました。ワイヤレスなので、邪魔なときはサッとよけることもできるので便利です。

これでさらに外出先でパソコン作業はしたくなくなるかも…。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場