吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

電源ユニットを「玄人志向 KRPW-N600W/85+」に交換して自作パソコンが無事に再生

2017.12.30

582 Views

2011年1月に組んだ自作PC の電源が完全に入らなくなり、電源ユニットを交換することにしました。

約 7年も頑張ってくれたので寿命といっていいでしょう。

スポンサーリンク

気になっていた「玄人志向」製品を買ってみた

そういえば、この半年ほど、スリープの解除がうまくいかなかったり、シャットダウン時に不調が起きていました。何年かぶりにブルーバックも見ました。

それでも交換などは面倒なので「だましだまし」使っていたのですが、さすがに電源自体が入らなくなれば、そうもいってられません。

 

そこでアマゾンで「電源ユニット」を探して容量 500W-699W で絞ってみました。

特にこだわりはないのですが、以前から「玄人志向」というブランドの製品が気になっていました。思い切った名前ですよね。

その中からアマゾンのカスタマーレビューも悪くないので容量 600W の「KRPW-N600W/85+」をチョイス。

「80 PLUS Bronze」ですが、普通の使い方なので大丈夫でしょう。

本体がひと回り小さくなっていてスッキリ

結局は「ヨドバシ.com」で注文。翌日朝に到着してくれて本当に助かります。

6,340円。ポイントを考えるとアマゾンとほぼ同じ。ちなみに古いユニット(HEC-SE560)は当時、8,980円でした。

 

本体も小ぶりですが、フラットケーブルなのでスッキリしています。

 

古いユニットとの比較。驚くほどケーブルのボリュームが違います。

隙間に余ったケーブルを無理やり押し込む必要はなさそうです。

フラットケーブルなので取り回しも簡単

早速、取り付けてみました。やはり本体が小さくなった分、扱いやすいです。

 

ケーブルの取り回しも大半がフラットケーブルになっているのでスッキリ。

 

綺麗に納まりました。

こんなに簡単なら、もっと早くやっておけばよかったです。

とりあえず快適に音も静かに動作中

電源を入れると問題なく起動。本体を足元に置いているので音もほとんど気になりません。以前より静かになった気もします。

ついでに内部やファンまわりのホコリも取り除いて、いい大掃除になりました。

 

使い続けてみないと最終的な評価はできませんが、まずは合格です。

これでしばらく電源は心配なく、安心して年が越せそうです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場