吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

さよならジェイコム (J:COM)!CATV の解約でハードディスクに保存した録画データを失うのが残念

2017.03.06

3272 Views

先ほど作業員がセットトップボックスやケーブルを回収してジェイコム(J:COM)との契約が終了しました。

単なる回収で手数料 2,000円というのはいかがなものか、と思いながらも「手切れ金」ということで。

スポンサーリンク

結局、10年間、利用していた

そもそもジェイコムは住んでいる住宅にケーブルが引かれており、2007年に「J:COM TV デジタル」の契約をはじめました。

考えてみれば、もう 10年も利用していたわけです。月 6千円ちょっとなので年間 約 7万円。10年で 70万円も払ってきたわけです。

 

それでも当初はアニマックスを中心に、それまで見てこなかったり、懐かしくて再び見たくなったアニメを相当、観た記憶があります。

  • ガンダムシリース
  • スラムダンク
  • 幽☆遊☆白書
  • シティーハンター
  • ドラゴンボール
  • るろうに剣心
  • NARUTO
  • DEATH NOTE
    … などなど

しかも番組表から直接、録画や予約ができるハードディスク録画機能付きセットトップボックス(HDR)は本当に便利に感じたものです。

ところが2010年を過ぎた頃には、アニマックスで放送される過去のアニメで観たい作品は一通り楽しんだので、マルチチャンネルを契約する魅力が減ってしまったのです。

それでもジェイコムを続けていたわけ

とはいえ、ずっとブラウン管のアナログテレビを使ってきたので、地上波デジタル放送を見るにはジェイコム経由が便利でした。

 

それにセットトップボックスで録画できるのは楽だし、過去に録画したいくつかの番組は手元に置いておきたかったのです。

特に「クリスマスの約束」は 2007年から撮り続けており、これを HDR 返却で消去されるのは辛いです。

 

そんなこんなで、マルチチャンネルをあまり使わないのに月 6千円はモッタイナイと感じながらも、つい契約を続けてきたわけです。

月千円くらいで見放題の動画配信サービスが頑張っている中、月 6千円という値付け自体、すでに無理がある気がします。

新しい液晶テレビの購入で決断

そんな中、ついにブラウン管型テレビをデジタル 4K 液晶テレビに買い替えました。さすがに 55インチは大きくて見応えがあります。

さらにハードディスクも購入して「全録」と通常の予約録画ができるようになり、テレビ放送で時間に縛られることから解放されました。

 

これで J:COM を継続する理由が「過去に録画した番組を消去したくない」こと以外なくなってしまったわけです。

  • 地上波デジタル放送はテレビのチューナーでキレイに映る
  • テレビの番組表から録画予約でき、1週間分は全禄される
  • 古い HDR には HDMI 出力すらない

さらにアニマックスも「BS」で千円程度で視聴できるので、どうしても見たければ契約すればいいでしょう(スカバー基本料 421円/月+視聴料 798円/月)。

BS経由ならテレビ番組表から外付けハードディスクに録画予約ができます。

とりあえず録画番組をアナログコピー

となると、あとは消したくない録画番組の問題だけになります。

そこでジェイコムに

買い取ることはできませんか?

と何度もお願いしたのですが、結局、回収するの一点張りでした。

 

月800円で 10年ですから 9万6千円も払っているわけですし、しかも HDMI 出力もない古い機器をいまさら回収しても使い道はないはずです。

であれば 1万円くらいで買い取りをOKにすれば利益にもなるし、B-CAS カードさえ抜けばジェイコムにデメリットはないでしょう。

 

とブツブツ言ってもダメなものはダメなそうなので、2009年頃からは「ダビング10」なのでコピーすることにしました。

 

アナログ信号経由ですが、古いレコーダーになんとか録画しました。

 

それ以前は「デジタルCOPY」不可となって録画できないので、音声だけアナログで録音してデジタル化しました。

 

非常に手間がかかりましたが、どのみち 10年を経過したハードディスクに保存されている番組なので、もし買い取ったとしても寿命がくると割り切りました。

いろんな動画配信サービスを試してみます

月6千円のサービスをやめた訳ですから、その分、いろんな有料の動画配信サービスを利用することだってできます。

まずは会員なので「Amazonプライムビデオ」を楽しんでいますが、ほかのサービスも試したいところです。

 

なにはともあれ、さよならジェイコム!いままで、ありがとう。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場