Surface、ZenFone、吉祥寺ランチ、WordPress、個人事業主手続きなど、何事も初めては面白い!

リビングの蛍光灯を「パナソニック LEDシーリングライト HH-CA1020AZ」に交換した理由と使用感レビュー

2017.01.10

240 Views

リビングの天井灯で 2本の蛍光灯のうち 1本が切れて薄暗いので、この際なので LED の天井灯(シーリングライト)に買い替えることにしました。

入居時に買ったオーデリック製品ですが 17年も使ったので充分でしょう。

スポンサーリンク

ここまできたら今度もパナソニック

すでに寝室には明かりによる目覚まし機能を搭載したパナソニック「LEDシーリングライト HH-LC541A」を導入して、その効果にとても満足しています。

明るくなった中での目覚めはかなり自然です。

 

さらに仕事部屋には和室タイプを探し、デザインでパナソニック「LED シーリングライト HH-CS0650A」を選びましたが、これまた気に入ってます。

和室にとてもあっているし、ペンダント型より部屋が広く感じます。

 

そこでリビングも「LEDシーリングライト」はパナソニックにしよう!と思ったわけです。

いろいろありますが、シンプルシリーズでいいかも。

これなら 1万円前後で買えるでしょう。

 

もちろん他社の製品も調べましたし、たとえばアイリスオーヤマ製品はかなり安かったので魅かれたのも確かです。

それでも、ここまできたら天井灯はパナソニックで揃えたくなったし、長年使う機器なので安さだけで決めなくてもよいでしょう。

LED照明割引キャンペーン中だった

寝る前には電球色も使いたいということもあり、調光だけでなく調色もできる機種で絞り込みました。そんな中、見つけたのがこちら。

正直、デザインは面白くも何ともありませんが、これまでも気にならなかったので、これからも問題ないでしょう。

 

さらにパナソニック製品で「LED照明割引キャンペーン」が適用されていたので、これで決まりです。

ちょうど在庫があったので、翌日の午前中に指定して購入しました。

取り付けは勝手知ったるなんとやら

早速、翌日の朝に届きました。デカいのに軽いです。

 

中身はこんな感じ。

 

リモコンは仕事部屋のものと全く同じ。ひとつで両方の操作ができます。そんな使い方はしないけど。

寝室の目覚まし機能付きのリモコンとは全然違います。

 

パナソニックの天井灯には慣れているので、取り付けは 3分で完了。

 

壁のスイッチとリモコンで操作できるのを確認して…

 

カバーを取り付けたらできあがり!

 

ちなみに、こちらが交換前の天井灯。ちょっと薄くなってシュッとしたかな?

まあ、それほど大差ないか…。

希望通りの明るさと操作感

写真では伝えられませんが、体感的には「全灯」で蛍光灯のときより明るくなりました。期待通りの明るさで文句なしです。

点灯時はジワっと明るくなる感じですが、リビングの天井灯は頻繁につけたり消したりしないので問題ないですし、いきなりまぶしくなくてちょうどいいです。

 

既存の 2台と同じく壁スイッチで点灯状態を切り替えられる機能は便利です。

 

「暖かい色(電球色)」は思っていたより黄みを帯びた感じがしますが、慣れたら大丈夫でしょう。

これも写真では伝えきれませんね。

 

いずれにしろ、期待通りの明るさと機能でよかったです。これで仕事部屋、寝室、リビングの天井灯がすべて LED になりました。

あとは長持ちして電気代も多少は安くなれば嬉しいのですが…。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場