吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「Giovanni’s(ジョバンニーズ )Cafe&Diner」でいかにもハワイアンな「アヒロミボウル」をいただく

2017.05.19

698 Views

今回の「吉祥寺ランチ」は「吉祥寺通り」を歩いているときに見つけた看板に魅かれて「Giovanni’s(ジョバンニーズ )Cafe&Diner」に入ってみました。

これで「吉祥寺通り」のランチができそうなお店はほぼクリアですね。

スポンサーリンク

いかにもハワイアンな看板とメニュー

お店は吉祥寺駅南口を降りて右手に進み、「井の頭通り」と「吉祥寺通り」の交差点を渡って左折して「吉祥寺通り」を南下すると右手にあります。

サーフボードの看板がいかにもハワイアン。同じビルの 2階に「八十八夜」、地下に「POLPO」があります。

武蔵野市御殿山1-2-1 デュープレックス 1F
●11:30-23:30(金、土、祝日前は24:00まで)

「SHRIMP with RICE」にはサラダが欲しい

どうやら目玉料理は「スキャンピ」というエビのようです。ライス付きで 1,500円とのこと。おいしそうではあります。

でも写真を見る限り、本当にエビとライスだけのようで、それはちょっと寂しいかも。飾り程度でもいいのでサラダは欲しいです。

 

すると「贅沢ランチプレート」というメニューを見つけ、シュリンプもサラダもありなので「これで決まり!」と思ったのですが…。

下のほうに「女性限定メニュー」と書かれていてガッカリ。女性に限定する理由が分かりませんが、いたしかたありません。

どんな料理か気になる「アヒロミボウル」

そこで「スキャンピ」はあきらめて、「タコボウル」や「ロコモコ」など、いかにもハワイアンな「ボウル」メニューから選ぶことにしました。

せっかくなので今回は聞いたことのない「アヒロミボウル」をチョイス!

 

お店の女性にどんな料理か聞くと

マグロとサーモンの切り身を和えたもの

だそうです。サイトには

「アヒポキ」と「ロミロミ」の2つの味わいを一度に楽しめる逸品です!野菜もたっぷりでヘルシーな一皿。

- GIOVANNI’S CAFE&DINER KICHIJYOJI ランチメニュー – ぐるなび

とありました。

 

どうやらハワイ語で「アヒ」は「マグロ」、「ポキ」は「切身」、「ロミ」は「揉む」という意味があるようです。

そういえば「アヒポキ」は聞いた覚えがあります。

サラダもついて充実の「アヒロミボウル」

注文後、5分ほどして登場した「アヒロミボウル」がこちら。

ごはんの両サイドにサラダが付いていい感じ。

 

マグロ、サーモンの切り身はもちろん、アボカド、オニオン、ヒジキ、カボッコリーなどが混ぜ合わされていました

そこにネギとゴマをかけ、なかなか味わい深かったです。ご飯ともよく合う!これで 980円なら文句ないです。

 

あとは少量でいいから「スキャンピ」も食べてみたかったので、ぜひ「贅沢ランチプレート」を男性もOKにしていただきたいものです。

なにはともあれ、ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場