吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「Fire TV Stick (New モデル)」を購入した理由と 1カ月の使用感レビュー

2017.05.10

705 Views

4K 液晶テレビ「東芝 REGZA 55Z700X」を買いましたが、ひとつの理由が「ネット配信映像を大画面で楽しみたい」でした。

特に「Amazonプライム」の有料会員になったので、会員向けサービスである「プライムビデオ」を利用したいわけです。

スポンサーリンク

「プライムビデオ」を東芝レグザで観る

ところが「東芝 REGZA」に組み込まれている動画配信サービスには「Amazonプライムビデオ」は含まれていませんでした。

「NETFLIX」「dTV」「U-NEXT」などはあるのに残念です。ときどき期限限定で観たい動画を無料公開してくれる「GyaO」も含まれていません。

 

そこで取り急ぎ、次の手段として HDMI 経由でパソコンをレグザにつなぎ「Amazonプライムビデオ」を映してみました。

当然ですが普通に成功。パソコンに HDMI 出力端子があればすぐにできるので、やってみる価値はあるでしょう。

パソコンで「プライムビデオ」を映すと

せっかくなので以前から気になっていたアニメ「ユーリ!!! on ICE」を鑑賞。

2日に分けて 12本を「一気見」!画像がとてもきれいで、これを全話視聴できる「プライムビデオ」は圧倒的なお得感です。

 

スケーティングの激しい場面で少し画面が乱れましたが、これは 6年前に購入した Windows 7 搭載パソコンの能力の影響があるかも。

それでも途中で止まることもなく、最後まで大画面で楽しめました。

 

パソコンで観る利点は結構ありました。

  • 観たい動画を探すときの検索がしやすい
  • 再生中の動画で見たい場面へ一気に移動できる
  • 使い慣れたマウス、キーボードは便利

一方で、気になるところ

  • パソコンを起動して動画を再生させるまでに時間がかかる
  • 動画再生後、しばらくしてファンが動作して音が気になる
  • 停止、再生、巻き戻しなどの操作がマウスだとぎこちない

といった理由で「もっと手軽に観たい」と感じたわけです。

「Fire TV Stick」新モデルを購入

そんな中、「Amazonプライムビデオ」を大型テレビで観るのに最適なデバイス「Fire TV Stick」の新モデルが 2月末に登場しました。

米国では先行販売されていたので、この登場を待っていたのです。

 

なんと発売は 4月6日 と1ヶ月以上先でしたが、すぐに予約しました。

そして無事に 4月6日に到着したのがこちら。箱の中から箱が登場。

 

箱を分解して、すべて取り出したのがこちら。

 

リモコンは量ってみると電池入りで 68g。軽くて手に馴染みます。

 

スティック本体には一応、電源を供給することにします。

初期のセッティングと設定は簡単

レグザ背面サイドの USBポートに問題なく挿入できました。

 

レグザ側も「Fire TV Stick」と認識するので、レグザのリモコンにある「入力切替」ボタンで簡単に切り替えできます。

「REGZA LINK」対応でレグザリモコンや専用スピーカーとも連動します。

 

アマゾンへのログイン情報は初期設定されており、そのままでよければ入力作業は不要。いきなり名前付きで「こんにちは」と表示されると驚きますけど。

 

Wi-Fi 接続も「WPS(ボタン)」で簡単にできます。

 

リモコン操作も簡単で、結局、説明書の類は一切見ないで完了です。

付属の冊子にも大した情報はありませんけど…。

「Fire TV Stick」を1か月使った感想

「Fire TV Stick (New モデル)」を 1ヶ月使って気に入った点。

  • 動画の読み込みは速く、再生まで待たされる感はない
  • 動画再生は滑らかで綺麗!大型画面でも十分に楽しめる
  • 同じシーズン内のエピソードを連続して視聴しやすい
  • レグザ専用スピーカーとも連動して音も十分楽しめる
  • リモコンの操作はシンプルで、迷わず直観的に使える
  • リモコンの「ホーム」ボタンでテレビ電源がオンになる

    「入力切替」も「ホーム」ボタンで「Fire TV」にできる
  • レグザのリモコンでも「Fire TV」の基本操作はできる
  • 「GyaO」のアプリを使っても同様に動画が楽しめた

一方、気になった点は以下の通り。

  • プライムビデオ特典作品を探しにくく一覧性が悪い
  • 再生中の動画で見たい場面へ一気に移動ができない
  • 音声検索は動作がもっさりとして期待ほど賢くない

一覧性や検索性はパソコンのほうが圧倒的に強いです。

 

なので、当面は

プライム特典で観たい作品は事前にパソコンで探す

ということで補えばよいでしょう。

まずは「弱虫ペダル」を一気見しました

時間が確保できなくて、まだ多くの作品は観ていませんが「弱虫ペダル」だけは数日に分けて楽しみました。

両方で 38本+ 24本 の 62本 を楽(?)に「一気見」できました。

その一方で、連日、寝不足となってしまい、

面白い「シリーズもの」を観始めると大変なことになる

ことは身に染みて分かったので注意しなければ…。

 

なにはともあれ「Fire TV Stick (New モデル)」を買って大正解。

これで 4,980円なら文句なしです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場