吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「井の頭通り」沿い「Fatz’s The San Franciscan」で「ファッツのランチバーガー」を頬張る

2018.03.14

977 Views

中道通りを歩いていると新しいお店のビラを配っていたので「なにごとも経験」ということで「吉祥寺ランチ」してきました。

ハンバーガーをメインにしたアメリカンなレストランっぽいです。

スポンサーリンク

「SantaFe(サンタフェ)」の地下1階

お店は「井の頭通り」沿いに昨年(2017年)7月に完成した「SantaFe(サンタフェ)」という商業ビルの地下 1階。

同じ地下1階には「和食 縁」、1階には「中国菜 一口品」が入っています。

 

階段を降りた地下1階の左奥。もう少し営業中オーラを出してくれないと…。

せめて、この角度から見ても店がやっていると分かるようにして欲しいです。

武蔵野市吉祥寺本町2-25-12 Santa Fe B1-A
●11:30-15:00、17:30-24:00、月曜休

せめて店頭に店名の看板と「OPEN」札は欲しい

店の扉から中を見ると営業中と分かりますが、せめて「OPEN」の札をかけるとか店名の看板を出したほうが良くない?と余計な心配をしてしまいます。

ビラを配っていたので営業中と知っていますが、もう少し工夫したほうが…。

 

店名は公式サイトでは「The San Franciscan」で「食べログ」には「Fatz’s」が付いています。ビラの右上に赤く「FATZ’S」とスタンプが押されています。

公式サイトやチラシには「FATZS」とアポストロフィーがない表記もあり、最終的にどうしたいのでしょう?覚えてもらうのに店名は重要です。

 

ランチメニューも文字だけで、出来上がりのイメージが湧きません。

とりあえず「FATZ’S LUNCH BURGER(ファッツのランチバーガー 1,000円)」をチョイス。

 

バーガーだけでは寂しいので「サラダ、ドリンクセット(300円)」にしましたが、「ポテト、ドリンクセット」もあるのに「ポテト、サラダ、ドリンクセット」はない?

トッピングも分かりにくく、3種類全部乗せで 100円に見えてしまいます。各100円とか書きようはあるでしょう。

肝心のハンバーガーはパテもバンズもおいしい

オーダーして十数分かかって一気に登場。サラダは先に出せばいいのに。

 

そのサラダはドリンクと合わせて 300円にしては新鮮な野菜でおいしかったです。

 

そして時間をかけているだけあって、肝心のバーガーもバンズとパテがいい感じに焼けています。

 

構造はこんな感じ。こんがりバンズにオニオン、トマト、レタス、チーズ、パテがはさまれています。

 

紙に包んでかぶりつきます!チーズが漏れ出てきました。

こんがりサクッと焼けたバンズにジューシーな牛肉パテ。おいしいです。

 

バーガーはおいしいので集客がポイント。同じ「井の頭通り」沿いで吉祥寺駅寄りに「ヴィレッジヴァンガード ダイナー吉祥寺」もあるので差別化も必要かと。

なにはともあれ、バーガーは気に入ったので頑張って欲しいです。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場