吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺「coromo-cya-ya(コロモチャヤ)」で「オープンサンドクロックマダム」をいただく

2017.08.01

838 Views

看板を見て「吉祥寺ランチ」で訪れてみたかった「coromo-cya-ya(コロモチャヤ)」に出かけてきました。

スポンサーリンク

洋服屋さんが併設されたお洒落カフェ

お店は吉祥寺駅公園口を出て井の頭通りを越え、「ドンキホーテ」と「ザ・スーツカンパニー」の間を進むと左手にある「弥生ビル」の 2階です。

向かって右が洋品店で左がカフェ。同ビル 3階に「クワランカ カフェ」があります。

 

白い壁に木製家具でスッキリ気持ちよい空間です。

武蔵野市吉祥寺南町1-8-11 弥生ビル 2F
●11:00-19:00 火曜休

パンとサラダがおいしそうなメニュー

看板でも感じたのですが、メニューからもやはりパンとサラダがいかにもおいしそうなのです。

となればメニュー一番上の「サラダとパンと紅茶のセット」かな。

 

と思ったら「オープンサンドクロックマダム(1,200円)」にグッときてしまいました。

私は「目玉焼き」のトッピングにめっぽう弱いのです。

「クロックマダム」は目玉焼きがポイント

そういえば「コーヒートーク」で「クロックムッシュ」を食べたことがあります。

確か「クロックムッシュ」は

名前は「かりっとした紳士」という意味で、由来は定かではないが、一説には食べるときに音がして上品ではないので男性専用とされたという

- クロックムッシュ – Wikipedia

ということでしたが、一方の「クロックマダム」は

フランスのバー、カフェなどで軽食として提供されるトーストの一種。クロックムッシュのバリエーションの一つ。パンにハムとチーズをはさみ、バターを塗ったフライパンで焼いたクロックムッシュの上面に目玉焼きを盛り付けたものである。

- クロックマダム – Wikipedia

ということで、やはり「目玉焼き」がポイントのようです。

素材ひとつひとつがとっても美味しい

こちらが「オープンサンドクロックマダム」。10分ほどかかりました。

 

チーズとベーコンを載せてカリッと焼き上げたパンにトマトソースを付けていただきます。それぞれおいしさを引き立てあってます。

 

そして目玉焼きを絡ませれば完璧!添えられている玉ねぎの酢漬けがいいアクセントです。

 

ニンジンのラペ、グリーンサラダ、ズッキーニとサラダもフレッシュ。

満足のひと皿でした。ごちそうさまです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場