吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

世界地図を印刷したクリアファイル(行政メルカトル A3 CFAM)が国名も国旗も分かってすごく便利

2017.10.10

220 Views

世界各国で採れたコーヒー豆を買って楽しんでいるうちに、馴染みの薄かった国名や場所に興味が湧いてきました。

すでに 40か国を越え、それらの国名と場所は世界地図を見なくても思い浮かべることができるようになっています。

スポンサーリンク

風船地球儀「グローブボール」の弱点

そんな国の確認で役に立っているのがビーチボールを地球儀にした「グローブボール」です。

国名を忘れたり、場所があいまいになったら、すぐにチェックしています。

 

ほかにも「世界の果てまでイッテQ!」といったテレビ番組で、知らない国が出るたびに場所を確認できて楽しいです。

 

そんな風船地球儀「グローブボール(行政)」ですが弱点もあります。

  • さすがに家からは持ち出せない
  • 国旗なども分かると楽しいかも
  • 特にヨーロッパがゴチャゴチャ

もちろん国旗などを追加で表示すれば、その分、ゴチャゴチャするので、この商品はこれで正解だと思っています。

一家に一個、おすすめしたいくらいです。

お手軽な「クリアファイル行政メルカトル」

そんな中、書店で世界地図が印刷されたクリアファイルを見つけました。見開き A3 サイズで税抜き 450円。

 

広げると世界地図となります。

 

ちゃんと左右のポケットに A4 サイズの紙がはさめます。

 

アマゾンでも売っていますが、値段は同じで送料もかかるようです。

ということで、迷わず書店で購入しました。

国旗があるだけで格段に楽しい

「グローブボール」も楽しいのですが、見慣れると少し物足りなくもあります。

 

そこに国旗が加わると一気にカラフルになり、覚えられることも増えてさらに楽しめます。

 

アフリカは似た国旗も多いので、見比べるのも楽しいです。

ただし、文字は小さいので老眼にはかなり厳しいです。

ヨーロッパは別枠で拡大表示

あと「グローブボール」では密集しすぎて分かりにくかったヨーロッパも

 

クリアファイルでは別枠に表示され、グッと分かりやすいです。もちろん国旗もバッチリです。

コーヒー豆の産地がないので「まあいいか」と妥協していたのですが、ほかの用途も考えるとヨーロッパの地図は重要です。

 

そんなこんなで外出先でも使えるし、もちろん書類をはさむこともできるので「グローブボール」と同様、愛用していくつもりです。

めでたしめでたし。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場