吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ブルンジ産のコーヒー豆「ブジラ」をやや深煎りで味わう(珈琲散歩)

2017.10.29

277 Views

豊富な銘柄が楽しめる吉祥寺の「珈琲散歩」ですが、生産国という切り口ではもう「未知の国」はなくなりました。

スポンサーリンク

まだ珍しいブルンジ産も 3銘柄目

それでも「飲んだことのない銘柄」はまだあるので、今回は「ブルンジ ブジラ」を選んでみました。

 

これで日本市場ではまだ珍しいブルンジ産も 3銘柄目になります。

 

「ブルンジ」もコーヒー豆を通じて初めて知った国のひとつです。

ブルンジ、ルワンダ、マラウィは私の中ではすっかりおなじみです。

「ブジラ」はウォッシングステーション

いつもながら「珈琲散歩」さんの産地情報は少ないので「ブルンジ ブジラ」で検索すると以下の情報が詳しかったです。

どうやら「ブジラ」はウォッシングステーション(精選所)の名前のようです。

ブジラウオッシングステーションは首都ブジュンブラより北部の地域、カヤンザにあり、CWS周辺の3000に及ぶ生産者のチェリーを生産処理しています。

 

「カヤンザ」は以前、飲んだ「ネンバ」と同じで、ブルンジの北部にあり、ルワンダとの国境にも近いエリアです。

小規模の農家がほとんどで、それがウォッシングステーションに集められます。

珍しく「やや深煎り」で焼いてもらう

「珈琲散歩」の説明によると

スパイシーな香りと個性的な味わい

  • 中煎り:ほどよいコクとほのかな苦味
  • やや深煎り:とろりとした口当たり、黒糖にような苦味と甘味

とあって「黒糖のような苦味と甘味」という表現に魅かれて「やや深煎り」にしてもらいました。

 

いい色に焼けています。

 

サイズはやや小ぶり。

 

蒸らしの膨らみはバッチリ。

 

落ち着いた香りとほどよい苦味。確かにトロットした舌触りというのは伝わります。

黒糖かどうかは別にしても、苦味のあとの甘味もあっておいしい一杯です。

これぐらいの焼き加減も、ときにはいいですね。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場