吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

WordPress でプラグインを更新後に「500 エラー」が起きて管理画面が開かないときの対処方法

2016.04.01

10247 Views

WordPress にもすっかり慣れ、深く考えずに告知されるままプラグインの更新をしたら、いきなり管理画面に入れなくなって大いに慌てました。

これで正しいのかは分かりませんが、自己責任で対処して一応は復旧したので記録しておきます。

スポンサーリンク

ついさっきまで問題なかったのに…

とにかく、いきなり以下のエラー画面が出たのです。はじめて見る表示でした。

2016-04-01 16.42.14

本当に、ついさっきまで普通に使っていたのでビックリしました。

 

それにしても「500」だけでは、何のことか分かりません。

www.nanigoto.com ページは機能していません

www.nanigoto.com では現在このリクエストを処理できません。
500

この辺り、まだまだ優しくないですね。

 

なにはともあれ「なにごとも経験」サイト自体を開くと、どうやら表示されていてホッとしました。サイトが動くなら時間をかけて対処できるからです。

現象が起きる直前に何をしたか

そこで、この現象が起きる直前、つまり「さっき」なにしたか考えると、そういえば通知が来ていてプラグインを更新したことを思い出しました。

何のプラグインを更新したかも曖昧な記憶ですが、とにかく、その更新が管理サイトの動作に影響を与えているという見当はつきます。

 

そこで FTP ソフトで「…/wp-content/plugins」内を確認すると、ちょうどその時間が「更新日時」のプラグイン「broken-link-checker」を見つけました。

2016-04-01-16.43.34

そういえば更新したのは「broken link checker」だった気がしてきました。

該当フォルダーを削除で解決

単純にこのプラグインのフォルダーを丸ごと削除すればなんとかなるような気もしますが、やはり心配ではあります。

それでも、このままでは何もできないので「broken-link-checker」フォルダーをエイヤで削除することにしました。

 

一応、パソコンにフォルダーをダウンロードして保存してから「削除」しました。

2016-04-01 16.43.52

これでうまくいく確証はありませんが、自己責任でやっちゃいました。

 

結果は、無事に管理画面「ダッシュボード」を開くことができました。

2016-04-01 16.45.15

ほかのページもちゃんと開くようです。

 

「プラグイン」のページを開くと以下の表示がありました。

プラグイン broken-link-checker/broken-link-checker.php はエラーにより停止しました。
エラー:プラグインが存在しません。

2016-04-01 16.47.05

「停止中」のページを確認しましたが見つからず、「プラグイン」ページに戻ると表示は消えていました。

バックアップの重要性を再認識

とにかく再度、管理画面に入れたので良かったですが、このままエラーが解消できなければ相当、面倒なことになっていました。

本来なら「BackWPup」という、これまたプラグインを導入してはいたので大丈夫なはずだったのです。

ところが数か月前から「BackWPup」の確認メールが

[ERROR] BackWPup log 31-3月-2016 03:00: なにごとも経験

と通知していて、まったくバックアップできていなかったわけです。

 

にもかかわらず、面倒なので放置していました。大反省です。

 

ということで今回の教訓として

  • 再度、定期的にバックアップできる体制を整える
  • 不要あるいは機能していないプラグインを削除する
  • 更新時は注意して直前に最新のバックアップをする

ということをすぐに実行しようと心に誓いました。

今週末、取り組みます!たぶん。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場