吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

中国・雲南省「瑞麗(ずいれい)」で採れたコーヒー豆「翡翠(ひすい)」を味わう(カフェ・バッハ)

2017.07.30

301 Views

自家焙煎珈琲屋「カフェ・バッハ」で中国産のコーヒー豆「翡翠(ひすい)」を買ってきたので、早速、挽いて淹れてみました。

スポンサーリンク

味わったコーヒー豆の産地が 40か国目

これまで飲んだコーヒー豆の産地が、今回の「中国」でついに 40か国目です!

 

だから凄いということでもないのですが、39か国の「フィリピン」で半年も止まっていたので、やはり気分的にはスッキリしました。

 

それに中国産のコーヒー豆は、いつか飲んでみたかったので素直に嬉しいです。

中国とミャンマーの国境にある「瑞麗」

同梱の説明書きによると採れたのは中国雲南省の「瑞麗(ずいれい)」。

 

Googleマップで検索するとありました。なるほどミャンマーの国境にあります。

 

さらに説明書きによると

1,800m の山岳地帯にある「江東農園」の「翡翠(ひすい)」という名のコーヒーです。

レアアース採掘のため荒廃した土地を保護し、森林を再生させるコーヒープロジェクトにプロフェッショナル達が集まりました。

ということで、このプロジェクトに「カフェ・バッハ」の田口氏も参加して完成した「日中友好コーヒー」だそうです。

さて「翡翠(ひすい)」のお味は

当然ですが、しっかりハンドピックされ、ムラなく焼き上がっています。

 

焙煎は中煎り。サイズはやや小粒。焙煎豆の香ばしさはありますが、特筆すべき香りではないです。

 

焙煎日時は記載されていませんが、蒸らし時のしっかりとした膨らみを見る限り、焙煎して数日以内でしょう。

 

ほのかな酸味と苦味。甘味を感じる後味。きちんとスペシャルティーなコーヒーになっています。

 

40か国のコーヒー豆を飲んでも、ちっとも違いが分かる男にはなっていませんが、コーヒーを通じて様々なことを知ることができたのは大きな収穫でした。

まるで世界を一周した気分です。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場