吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

【断捨離 2】『人生がときめく片づけの魔法』を読んで「断捨離」の第二弾をスタート!?

2016.01.17

2513 Views

2016年にやりたいこととして自宅での「断捨離」を選びました。

スポンサーリンク

「断捨離」のメリットは実感済み

独立した 2014年に、まず最初に取り組んだのが「断捨離」です。これは大正解でした。

  1. 会社員から個人事業主になる気持ちの切り替えが完全にできた
    1. さよなら、ネクタイ!ご苦労様、ワイシャツ!?
    2. サラリーマン時代をすべてシュレッダー
    3. 長い間ありがとう、スーツたち!
  2. 捨てることでスペースと新しいことを始める気持ちが生まれた
    1. ごみ収集「小型家電」の日。みんな、ありがとう!
    2. 冷蔵庫の中身を一掃!この卵は何年もの?
    3. 「パソコン回収.com」で古いパソコン、モニターを一括処分
  3. 仕事部屋ができて自宅に従来のオフィス以上の環境ができた
    1. ガス衣類乾燥機も「家電リサイクル法」対象製品
    2. 仕事部屋ができるまで - 「仕事机プロジェクト(第一期)」完了
    3. ノマドワークよりも環境を整えた自宅の仕事部屋のほうが断然いい

souji_gomibukuro

ほかにもリビングの床が見え、リラックスできる場所になったのはよかったです。

20140624-04 ≫ 20140719-04

この「断捨離」のおかげで快適な個人事業主生活をスタートできたのは間違いありません。

第二弾の「断捨離」をしたい理由

ではなぜ、第二弾の「断捨離」が必要なのかは以下の通りです。

  1. 独立後に「断捨離」して 2年目、不要なものが明確になった
    1. 念のため残したネクタイ、背広なども、ほとんどいらない
    2. 靴やカバン、コートなど、本当に使うものが絞られてきた
    3. 独立前にも着ていなかった普段着は、独立しても着ない
  2. 初回にはどうしてもできなかった本の断捨離を実施したい
    1. 独立後に購入した本が増え続け、いよいよ置き場がない
    2. 「もう読み直さない」本や雑誌がハッキリしてきた
    3. 吉祥寺、コーヒー、パソコンなどテーマ別に整理したい
  3. さらに新しいことをするために古いものは捨てる
    1. 「料理」を快適に行うためキッチンの断捨離をおこなう
    2. いい加減に「ブラウン管テレビ」を液晶に買い替える
    3. 収納の中に眠っているもの全部出して使うものは使う

たとえば新たに料理に取り組むつもりなのは紹介しました。

ところがキッチンや押入れには、古い調味料や料理道具がいろいろ隠れています。古くて捨てるべきものがほとんどです。

2016-01-16 12.11.09-1

それでも計量スプーンなど使えるものもあるので、一度、全部、取り出して処理したいわけです。

 

何があって何がないのか分かって初めて、必要なものを追加で購入したり、買い替えたりできるはずですから。

「人生がときめく片づけの魔法」も参考に

とはいえ、やみくもに始めても時間がかかるので、誰もが知っている有名な本を参考に 1月中に一気に片づけたいと目論んでいます。

2016-01-16 12.17.42

 

暖かくなってからとか、料理を始めてひと段落ついてとか、先延ばしにすると結局、やらずに終わってしまいますから。

 

まあ、彼女の書くように「ときめくモノ」だけを残すことができるのかは分かりません。それでも、あれこれ悩んでいたら前に進まないのも事実です。

まずは選別するジャンルのものを家中から一つ残らず集め、その中から手に触って判断する、という手順は納得できました。

 

料理の前に、まずはキッチンの断捨離をササッとやってしまいましょう!

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場