吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「楽天マガジン」がパソコンで読めるようになったので「dマガジン」と比較して乗り換えを決意

2017.12.24

1624 Views

「楽天マガジン」が 2017年12月20日からパソコンで読めるようになったので、早速、試してみることにしました。

スポンサーリンク

パソコンで読めるから「dマガジン」だった

私は昨年(2016年)12月から「dマガジン」を継続利用しています。

その当時も「楽天マガジン」と比較検討しましたが、読みたい雑誌はどちらでも共通して読めるので、あとは

パソコンでも読めるほうがいい

のが決め手で「dマガジン」と契約したのです。

それが「楽天マガジン」でもパソコンで読めるとなれば再検討の価値ありです。

取り扱い雑誌にそれほど大きな差はない

「dマガジン」と「楽天マガジン」の取り扱い雑誌は、かなり共通しています。

もちろん片方だけの雑誌もあるので、どうしてもはずせない雑誌が読めるほうを選ぶのはありでしょう。

 

その意味で私は仕事上、以下の雑誌には定期的に目を通したいと思っています。

  • 日経PC21
  • 週刊アスキー

「日経PC21」は店売りで 690円なので、それだけで「dマガジン」や「楽天マガジン」を利用する価値があります。

 

さらにブログの参考にもなるので

  • 日経トレンディ
  • 家電批評
  • GetNavi
  • MONOQLO
  • GoodsPress

などは目次を見て、気になった記事は「dマガジン」で読んでいます。

 

以上の雑誌は「dマガジン」にも「楽天マガジン」にも掲載されており、取り扱い雑誌の観点では、私にとってはどちらのサービスでもいいわけです。

もちろん、上記以外の雑誌も時間があって気が向いたら読んでいます。

料金は「楽天マガジン」がリーズナブル

月額料金については

  • 「dマガジン」月額400円(税抜)
  • 「楽天マガジン」月額380円(税抜)

ということで、それほどの差はないのですが「楽天マガジン」には年間プランがあります。

  • 「楽天マガジン」年額3,600円(税抜)

これは月割にすると 300円となり、これはもう圧倒的に安い。

 

しかも「楽天ポイント」で支払えるので、私はダイヤモンド会員で

  • ボーナスポイント福引で毎月、最低でも 70ポイント
  • 誕生月には 700ポイント

もらえるので、実質的に月200円以下で雑誌が読めるようなものです。

 

そこでまずは「楽天マガジン」に申し込みました。31日間の無料お試し付き。

お試し終了後は年額プランで全額ポイントで払う予定です。

パソコンでの表示はそれぞれ一長一短

 

早速、「日経PC21」を Chrome で開いて全画面表示にしてみました。

「dマガジン」だとこちら。上下に空白ながないので最大限に表示されています。

 

マウスでの操作性はマウスホイールでの動作が違います。

  • dマガジン:画面拡大時の上下スクロール
  • 楽天マガジン:画面の拡大縮小

好みは分かれそうですが、私はマウスホイールで細かく拡大縮小できるのは嬉しいです。

 

一方、前後のページへクリックで移動したいとき、

  • dマガジン:ページ移動タップ範囲を設定で広げられる
  • 楽天マガジン:ページ移動ボタンが小さい

ので、この点は「dマガジン」のほうが使いやすいです。

このように一長一短ありますが、どちらも普通に使えます。

いずれにせよ、パソコンでもタッチ操作ができるほうが使いやすいのは間違いなさそうです。

iPhone 用、Android 用アプリも問題なし

「楽天マガジン」の iPhoneアプリ、Androidアプリもインストールしましたが、使い勝手はいたって「普通」です。

やはりスマホ画面だと相当小さくて読みにくいのは「dマガジン」でも同じです。

 

複数のスマホ、タブレット、パソコンで同時に見ることができるので隙間時間が有効に使えそう。

 

とりあえずお試し期間を利用して、特に不便を感じなければ、今月いっぱいで「dマガジン」は契約を終了して「楽天マガジン」に乗り換える予定です。

それにしても雑誌各社は、この状況でやって行けるのでしょうか?雑誌自体がなくなったら元も子もない気もするのですが…。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場