吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺駅公園口近くコッペパン専門店「吉祥寺コッペ」で買ったコッペを井の頭公園で食べ歩き

2018.04.15

979 Views

先日は「パンの田島」のコッペパンをいただきましたが、吉祥寺駅公園口近くにもコッペパン専門店「吉祥寺コッペ」ができたので、そちらも食べてみました。

スポンサーリンク

「井の頭公園」で食べ歩くにはピッタリの店

お店は吉祥寺駅公園口を出て「丸井」に向かう小路の左手にあります。赤いのぼりが立っています。

向かって左が焼鳥屋「井の頭さかもと」、右がパン屋「ANTENDO」です。「コッペをもって公園散歩」がキャッチフレーズ。

確かに公園での食べ歩き用に買うのにはいい場所ではあります。

武蔵野市吉祥寺南町1-3-3 吉祥寺南口ビル 1F
●10:00-20:00

「温州ミカン」を「クッキーチョコ」にチェンジ

看板を見ると「おやつコッペ」12種と「おかずコッペ」12種。「甘い」12種と「惣菜」12種で分けていた「パンの田島」とよく似たラインアップです。

ただし「パンの田島」にあった「揚げたてパン」はないようです。その代わり「吉祥寺コッペ」にしかない「温州ミカン」がおいしそう。

 

カウンターで注文する段階で「クッキーチョコ」が 70円引きと知って、コロッと「温州ミカン」からオーダーを変えてしまいました。

イートインスペースはなく、食べ歩くか持ち帰るしかありません。

柔らかパンにサクッとしたクッキーチョコの食感

こちらが「クッキーチョコ」のコッペパン。表面がテカっていた「パンの田島」とは見た目から違います。

でも、自分が学校給食で食べたのはこちらほうが近いかも。

 

チョコレート色のクリームが挟まれています。

 

パンはやわらかく説明書きによると「豆乳クリーム入り」なのだとか。

食べてみるとクリームが少しサクッとした食感で、なるほど「クッキーチョコ」。サイズ的にも 1個で結構な食べ応えがあります。

 

食べながら「井の頭公園」を軽く一周しましたが、いい感じで食べ終わりました。あとは「吉祥寺ならでは」の具材があってもいいかも。たとえば「吉祥寺 さとう」のメンチカツとか…。

値段は高くなりそうですが、限定にして高い値段で売ればいいでしょう、など考えながらの散歩は楽しかったです。なにはともあれ、ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場