吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ホンジュラス産のコーヒー豆「クリスタル」を味わう(コーヒーロースト)

2015.12.23

2080 Views

記念すべき(?)生産国 30か国目のコーヒー豆としてホンジュラス産の「クリスタル」を選びました。

スポンサーリンク

ホンジュラスは日本で第 8位

30か国目の候補はいくつかあったのですが、日本のコーヒー生豆の輸入量でより上位のほうが「ふさわしい」と思うわけです。

この中の「日本のコーヒー生豆輸入量 上位24ヶ国」で上位 10か国は以下の通り(2015年 1-10月速報)。

  1. ブラジル
  2. ベトナム
  3. コロンビア
  4. インドネシア
  5. グアテマラ
  6. エチオピア
  7. タンザニア
  8. ホンジュラス
  9. エルサルバドル
  10. ラオス

いままで飲んでいないのは 8位のホンジュラスと 10位のラオス。そこで 30か国目はホンジュラスに決めました。

ブルーマウンテンのジャマイカも候補でしたが、輸入量では 19位です。それに高値なので来年の何かの記念日用に取っておきます。

 

ホンジュラスは中央アメリカ中部に位置する共和制国家。西にグアテマラ、南西にエルサルバドル、南東にニカラグアと国境を接しており、北と東はカリブ海、南はフォンセカ湾を経て太平洋に面しています(Wikipedia より)。

面積は 112,492平方km(日本の約3分の1弱)、人口は約810万人(2013年 世銀)、首都はテグシガルパ。主要産業はコーヒーやバナナなどの農林牧畜業。

エルサルバドルとの間で「サッカー戦争」と呼ばれる紛争があった(1969年7月)ということなど、初めて知りました。

収穫時期限定のクリスタル

今回のコーヒー豆には「収穫時期限定」という説明が付いていました。

2015-12-21 17.12.06

2015年4月~5月収穫のものだけで作った限定マイクロロットです。

だからおいしいかどうかは分かりませんが、普通に考えれば品質は揃っているといえるのでしょう。

 

他のサイト情報によると、この「クリスタル農場」は COE(カップオブエクセレンス)を獲得したこともある農園のようです。

  • クリスタル農園 ホンジュラス COE2014 – Flatwhite Coffee Factory

 

残りの情報は以下の通り。

地域:サンタバルバラ県 エルサウセ
農園:クリスタル農園(農園主 エステバン・マドリッド)
品種:カトゥアイ、バカス
精製:ウォッシュド
標高:1,650m

 

手持ちのエクアドルもチベットも残り少ないので 250g(1,250円)を購入。

2015-12-23 09.52.30

これで年は越せそうです。

香りよし、味よし、後味よし

封を切ると、いかにも焙煎豆のいい香り!いままでの平均以上です。

2015-12-23 09.54.02

 

粒もそろっており、さすがマイクロロットといったところ。

2015-12-23 09.54.36

 

蒸らしでの膨らみも十分。

2015-12-23 10.00.28

 

味はほどよい酸味とじわっと感じる苦味、そして甘い香りで文句なしです。

2015-12-23 10.04.07

後味もよく、おいしくいただけました。

 

ホンジュラス クリスタル、30か国目にふさわしいコーヒー豆でした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場